オー・マイ・ガアッ!

オー・マイ・ガアッ!

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

物語の舞台はアメリカン・ドリームの都・ラスベガス。友人に裏切られすべてを失ったお気楽中年男・大前剛、キャリアウーマンから娼婦に「転職」した梶野理沙、そしてベトナム戦争の英雄なのに落ちぶれたジョン・キングスレイ。人生くすぶりまくりのそんな三人が一台のスロットマシンで史上最高の大当たり5400万ドルを叩き出した! 笑って泣いて夢を見る、エンタテインメント大傑作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
560ページ
電子版発売日
2011年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

オー・マイ・ガアッ! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年11月09日

    短編以外の浅田さんの本、しかもコメディを初めて読んだ気がする!そこはかとなく三谷幸喜っぽさがある…
    がんがん風呂敷を広げてどうなるんだ!?!収拾つくのか!?って思ったけど最後はきれいにまとまっててすごかった…気付いたらラスベガスにいる感覚になってました。たくさんの登場人物の行動が絶妙に絡まって、展開...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月15日

    ラスベガスの魅力がぎっしりつまった一冊。
    訪れたことのない私のような人にも、ラスベガスを五感すべてで感じさせてくれる小説でした。猛烈にラスベガス行ってみたくなった!!

    ストーリーも、なんだか優しい気持ちになれるラストで、とってもいい読後感。
    ミリオネアになれるとびっきりの幸運を前にしながら、ジョン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月02日

    浅田次郎にしては移植のエンタテイメント。しかも大団円で終わる。
    最後はそう言うオチか、と思うもどこかで違和感なく受け入れられた。楽しんで読める作品だ。
    特に注目すべきは世界一の大富豪の顛末である。
    ハッピーエンドで且つ明るい話を求める人にはもってこいだ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月08日

    「ギャグ漫画」というジャンルはよく聞くけれど、「ギャグ小説」はあまり目にしない。しかしこの作品こそ「ギャグ小説」だと思う。
    是非ともハリウッド映画化してほしい作品。そして浅田先生も出演してほしいですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月28日

    それなりに面白くて、最後まで楽しく読めたけど、イマイチ物足りない。

    エンターテインメントなんだけど、なりきれていない、というか。

    ヒーロー、ヒロインにあまり魅力を感じなかった、ということかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月03日

    誠実で勤勉に働くことは、善であり
    ギャンブルすることは、悪である という日本の価値観に
    浅田次郎が もの申す。
    小説ストーリーを持ちながら 意見小説というべきかもしれない。
    ギャンブルって 勝てばおもしろいよね。
    ギャンブルではまって 世捨て人になるには たまらないが。

    ラスベガスという 世に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月30日

    浅田次郎です

    3人の旅行者が出した史上最高額のジャックポットをめぐって、マフィアやオイルマネーをまきこんで、はちゃめちゃな登場人物が入り乱れて笑いと涙のストーリーを繰り広げます

    しかも、観光地案内かつエッセイも兼ねているので、ラスベガスに行きたくなりますスロットマシンやりたくなりますジャックポッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月06日

    ラスベガスに行きたい。できれば男になって行きたい
    USA!USA!って感じの本
    マフィアも浅田次郎が書くとお茶目だったり粋だったりしてすごく魅力的だった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月30日

    ホントに浅田さんは作品の幅が広い。
    時代物、シリアス物、今回はきんぴかシリーズに近いコメディ作品。
    登場する人物一人一人のキャラがたってるところが浅田さん作品のすごい所だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月14日

    このタイトルなのにこの分厚さは何かと思ったけど、ここまで綿密に本気で書かれた喜劇はなかなかないんじゃないかな??作者の趣味が本気度に影響しているのは間違いないと思う(笑)
    まさにアメリカンラスベガス的ビッグスケールコメディ!さっき綿密と書いたけどさらに、大雑把で大胆でとにかくデカイ!なのにべガスでも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています