息がとまるほど

息がとまるほど

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 605円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

27歳の朋絵は、同僚にプロポーズされたのを機に、2年越しの不倫相手である上司と別れる決意をした。しかし、最後のデートを後輩に目撃され…。ラストのどんでん返しが鮮やかな「無邪気な悪魔」ほか、恋愛短篇小説の枠におさまり切らない迫力の全8篇! 男女間の、もはや愛とは呼べない黒々とした感情、女同士の底なしの嫉妬や裏切り、優越感など、生身の女の怖さをリアルかつ不気味に描き出す。タイトル通り、読んでいて息がとまるほどゾクッとくる、濃密な傑作短篇集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
273ページ
電子版発売日
2011年03月11日
紙の本の発売
2009年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

書店員のおすすめ

こんな女性が近くにいたら…と想像しただけでゾッとしてしまうほど女の怖さが描かれた短編集です。この作品の特徴は、読み終わってから読者にその先のストーリーを想像させてるところです。全てを描き切らず、あくまで読者にゆだねる。ゆだねられた読者のほとんどは同じ想像をするのだと思いますが、こんなにも想像する力を必要としなくとも推知出来てしまう面白い作品です。短編作品の中で「無邪気な怖さ」は、どんな女性でも一度は経験があるのではないでしょうか。ストーリー中にその「無邪気な怖さ」をこれでもか!というくらいのゾッとする展開で描かれて言います。自分が同じ立場に立たされたら・・・作品の終わりがわかってきたとき、読み進める度胸がなかったらその箇所だけ目をつぶってしまいます。

息がとまるほど のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年11月12日

    いろいろな女たち。それぞれに、悲しかったり、狡猾だったり、哀れだったり。モノトーンの煌びやかさを感じる作品でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月25日

    「女」という生き物の、強かさ、羨望、嫉妬、憎悪、冷酷かつ狂熱的な感情を描いた短編集。女ってこんな嫌な生き物なのか。
     不倫やら夜の街やら、実生活では全く関わることのない人生であるが、小説を通して疑似体験できると、面白いと同時に益々縁遠さを改めて実感するのである。

    それぞれオチもあり物語として面白か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月22日

    女の怖さが詰まった恋愛短編集。

    「息がとまるほど」という作品はなくて、どれも「息がとまるほど」苦しくぞっとするストーリー。
    男に対する駆け引き、女に対する嫉妬や優越感。
    どろどろした感情がリアルでぞくっとしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月02日

    あまり本を読むのが得意ではない自分が、驚くほどのスピードで読めた一冊。
    ひとつひとつの物語のボリュームがちょうど良い短編集で、まるでテレビドラマを見ているかのように描写が眼に浮かぶ。
    程よくドロドロなのもまた良い。

    もっと唯川恵さんの小説を読んでみたいと思った、そんな一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月16日

    唯川恵、先日読んだ短編集が良かったので続けてセレクト。

    同じく短編集、今度は全て女性が主人公。
    男と女。ホラー要素。世にも奇妙な的に軽く読むこともできるが、的を得た印象的な言葉が随所にあって唸らせられる一面も併せもっている魅力ある作家さんだと感じた。

    他の作品も追ってみようと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月12日

    同僚にプロポーズされたのを機に、不倫中の上司と別れる決意をした朋絵だったが、最後のデートを後輩に目撃され…。男と女の間に流れる、もはや愛とは呼べないくろぐろとした感情、女と女の間の、友情とは呼べない嫉妬や裏切り、優越感。女たちの心に沈む思いを濃密に描きだした、八つの傑作恋愛短篇。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月18日

    唯川さんの短編集なので、ただの恋愛ものではないだろうと思い手に取ったら、本当に女性の怖さが詰まっていた。
    最初の「無邪気な悪魔」に出て来る結婚退職するOLさんは、天然なのか、計算なのか。
    飲み会でどんな爆弾が落とされるのか、ハラハラした。
    「雨に惑う」のヒロインが壊れていく様子や「あね、いもうと」の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月29日

    いろんな女のドロドロを描いた短編集。
    最初は「あんまり好きじゃないなぁ」と思いながら読んでいたはずなのに、『女友達』『雨に惑う』でズガーンときた。
    そして最後の『あね、いもうと』でズガガガーンとやられた。素敵だわ、この短編集。それこそ息が止まるほど。まぁ分かりやすいハッピーエンドはないんだけど。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月12日

    女子力UPw

    ドロドロ系で、こういう女子にはなりたくないなーという意味でのお勉強ができた。

    再読時、この女子達に共感してしまわないようにw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月20日

    女は怖い…どれもありそうで、妙に納得してしまうトコもいっぱいだった。息がとまるほどの瞬間…生きてたら必ずあるよね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング