八月の舟

八月の舟

作者名 :
通常価格 559円 (509円+税)
紙の本 [参考] 565円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

「思い出した?」「なにを」「昨夜わたしにキスしたこと」ぼくは十七歳、北関東の街で、やたら生活力のあるお袋と暮らしている。けだるい夏休みのある日、つかみどころのない美少女・晶子に出会った。親友の田中くんと仲がいいのは気になるが、ぼくは晶子に惹かれてゆく。無茶なドライブをしたり、ビールをあおったり、大人の世界を覗き見したり…そんなゆるやかな日が、ずっと続くような気がしていたんだけど…。小さな街のリアルな青春を描き出した、傑作小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
215ページ
電子版発売日
2011年03月11日
紙の本の発売
2008年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

八月の舟 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年05月09日

    1990年の作品。
    1960年代を舞台とした青春小説。
    高校生の恋愛、同級生の死など、ミステリ要素は全くなく、よくある設定にもかかわらず、面白いはなぜだろうかと思う。
    高校生たちの当たり前のような飲酒、喫煙は時代的なものだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月14日

    樋口有介は、こういう純文学系の作品のほうが絶対合っている。唐突なクライマックスは全然好きになれないが、なんとなく文章を読んでいるだけで幸せ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月07日

     樋口有介の著書は琴線に合う(だから「あんた、変わっている」)なかで、この作品は気持ちのよさ、という点では順位が落ちる(人が死んだり怪我したりが多い)が、主人公研一の母が遺した「遺書」の一節が妙に心に残った。「発作が起きてから気を失うまでの間、どれくらいの時間があったのか知りませんが、多くて一秒から...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月23日

    私自身が暑いのが苦手なので、この作品全体の底から湧きたち、空気全体、そして樹上、上空まで覆う何とも言えない暑さが読んでいて体にこたえました。
    爽快感と対極にある話。登場人物のすべてがすべからく鬱陶しい。晶子さんが少し涼やかかな。
    透明感に満ちた青春小説、とカバーにあったけれど、どうだろう。混濁してい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月10日

    退屈で暑くて、先が見えなくて、そんな夏。
    クールで、冷めていて、諦観しているようで
    そうでもない男の子たちと、小悪魔な女の子たち。
    この人の青春小説と言われる作品が好き。

    でも、このお母さん、私の中ではもう10歳ぐらい年齢積んでるイメージだったけど、40後半で驚き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月11日

    ただそこに現実がある。
    それを淡々とこなしていく。
    感情表現を一切しないということがいつの間にか感情表現になっているから不思議です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月17日

    北関東の盆地の蒸し暑さが行間からにじみ出て来るような作品。未成年者の飲酒、喫煙に寛容なのは半世紀前の時代設定の為だろうか。のどかな感じがする。プールに花火と夏の風物詩がすこしもさわやかでないのは見事だった。そんな描写は一つもないのに読後に五間道路に立つ陽炎だけがイメージに浮かぶ。けだるさと悲しい別れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月29日

    8月のまとわりつく暑さを思わせる、けだるい文章。
    登場人物の心情に深入りすることなく、淡々と綴られる日々。
    それらがかえってリアリティを生んでいる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月07日

    まずまずです。
    やはり晶子と言う少女が魅力的ですね。蓮っ葉なようで、我儘なようで、でも別の面も持っていて、そうした二面性が魅力のようです。その他の登場人物もそれぞれ一癖あって、その辺りの造形は良いと思います。むしろ主人公が隠れてしまうくらい。
    最後の急展開はどう受け取られるか。収まったとも見えるし、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています