「高橋義孝」おすすめ作品一覧

「高橋義孝」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/26更新

ファウスト
  • ブラウザ試し読み

芸術論
  • ブラウザ試し読み

叱言 たわごと 独り言
  • ブラウザ試し読み

精神分析入門
  • ブラウザ試し読み

変身
  • ブラウザ試し読み

魔の山
  • ブラウザ試し読み

みずうみ
  • ブラウザ試し読み

若きウェルテルの悩み
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 若きウェルテルの悩み
    有名な作品。読んでみると確かにすごい作品だった。前の話だけど、人の弱さ、繊細さがよく描けていると思う。色んな意味でとてもズシンと響くものがある作品だった。角川をベースに岩波と読み比べをしながら読んだ。全体的には角川のほうが読みやすいけど統一した雰囲気は岩波のほうがある。特に最後の詩の部分は岩波のほう...続きを読む
  • 変身
    何度読んでも何度読んでも、正解がわからない。グレゴールの変身した虫って何なのか?本当にグレゴールだったのか?グレゴールは実在したのか?家族の想いは?働くことの意味は?永遠のテーマ。何百編でも読みなおしたい小説。
  • ファウスト(一)
    私生児を産んだ女への懲罰をゲーテが廃止したのは、この時代にパラダイムシフトがあったのでしょうか。優れた物語はいつも、転換点前夜のまどろみを描きます。だからグレートヒェンは我が子を殺して破滅するのですが、それに比べて、ファウストの苦悩や悔恨は口先ばかり。まるで、生き延びてしまった老人はこうやって世間を...続きを読む
  • 変身
    介護の妥協点。それぞれの視点による、人生の向き合い方。幸せのためには何かを捨てるべきなのか?
    読む人により、読後感が大きく違うのではないだろうか?
    虫になったグレーゴルの疎外感は他人事には思えなかった。いつだって社会から逃げたい。でも離れられないそれなのか…
  • 変身
    この物語はかなり「やばい」です。

    毒虫になるという荒唐無稽な設定によって、滑稽さに迷彩された、シビアでシニカルな人間関係を強調すると共に、一応「フィクション」であることが必要以上にアピールされています。

    しかし、毒虫というのはあくまで象徴であって、一家の稼ぎ頭で皆から感謝される立場にある人が...続きを読む

特集