「高野文子」おすすめ作品一覧

「高野文子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/04/28更新

ユーザーレビュー

  • ドミトリーともきんす
    独特な世界観と絵の柔らかさと自然、この世にあるもの、そこにただあるものの美しさ。
    意味を見出すのは人間のエゴと知と能力。

    文字と絵から、優しさを感じた。
  • ドミトリーともきんす
    前から気になっていた本を、胡桃堂喫茶店の本棚で見つけて読破。とっつきにくいと思っていた科学の考え方がとも子さんときん子ちゃんとの掛け合いでするすると読める。
  • 動物園ものがたり
     動物園。
     カバ舎の前にいるのは、ケンカばかりしているお父さんとお母さんが嫌になって自分から迷子になった8歳の女の子、まあちゃん。
     手をつないだ仲良しのおじいさんとおばあさんに出会って、カバは英語で「ヒポポタマス」て言うて教えてもらった。まあちゃんの魔法の呪文。
     カバ舎の中で掃除をしている若い...続きを読む
  • 本屋になりたい ――この島の本を売る
    チェーンの新刊書店ではなく、自分の街や日本中、世界中の旅行先の本屋さんに立ち寄りたくなる一冊です。宇田さんと沖縄の人とのやりとりがあたたかくて、優しい気持ちになりました。
  • 本屋になりたい ――この島の本を売る
    本に対する愛がいっぱい詰まった、あったかい本。この本がちくまプリマー新書から出たことも、同時に喜びたい。沖縄にあるので実際にこの本屋に行く機会は今後あるかどうかわからないけど、それでも、離れた場所でこうやって本屋をやっているひとがおるねんなぁと思うだけでも、がんばってほしいと思える。