「松沢裕作」おすすめ作品一覧

「松沢裕作」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/09/01更新

ユーザーレビュー

  • 自由民権運動 〈デモクラシー〉の夢と挫折
    自由民権運動。なんとも響きのいい言葉。と思いきや、まったくのまやかし。身分制社会に代わる新しい社会制度として民主社会を求めた、まではよかったが、実際には戊辰戦争での功労者の地位を求めた運動だった。挫折して当然。
  • 自由民権運動 〈デモクラシー〉の夢と挫折
     「自由民権運動」は、学校で習うイメージで言えば、西南戦争の後に言論の力で戦い、議会開設という民主主義の果実を得たという、現代的な、崇高なもののように思える。とりわけ、昭和に入って戦争に突き進んだ歴史を闇とすれば光として描かれやすい歴史である。
     しかし、実際はどうか。著者は、板垣・星といった運動エ...続きを読む
  • 自由民権運動 〈デモクラシー〉の夢と挫折
    長らく停滞していた自由民権運動研究に新風を吹き込む一書。ポスト身分制社会をめぐる、新しい社会構想をめぐる闘争として民権運動を読み解くというのは、実に魅力的な歴史像である。
  • 自由民権運動 〈デモクラシー〉の夢と挫折
    自由民権運動について全く詳しくなかったが、戊辰戦争で活躍した、これまで支配層ではなかった人たちが政治や支配層(という言い方が適切かわからないが)に「割りこむ運動」であった、というのは面白かった。
  • 自由民権運動 〈デモクラシー〉の夢と挫折
     自由民権運動の研究は1980年代の「民権百年」運動をピークに長らく停滞している(とあえて断言してしまう)が、本書はそうした停滞を打ち破る可能性を感じる労作である。戊辰戦争による近世身分社会の解体に起因する人びとの帰属不安や承認欲求を原動力とする社会変革運動とみなす視点は、明らかに今日の新自由主義下...続きを読む