「ホフマン」おすすめ作品一覧

「ホフマン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/09/25更新

ユーザーレビュー

  • 黄金の壺/マドモワゼル・ド・スキュデリ
    表題作の「黄金の壺」、冴えない男が二人の美女にもてる、日常の中に非日常が入り込むというのは一寸前のラノベの設定っぽい。いずれにせよ、予想していたよりも読みやすいので驚きました。他の出版社での訳と読み比べてみたい。
  • 黄金の壺/マドモワゼル・ド・スキュデリ
    『黄金の壺』

    『マドモワゼル・ド・スキュデリ』

    『ドン・ファン』

    『クライスレリアーナ』
  • 黄金の壺/マドモワゼル・ド・スキュデリ
    ホフマンの短篇集。物語の内包する物語の密度の濃さに圧倒される。幻想文学のリアリティとは描かれなかった物語の量に比例するのではないかと思われる。
    物語の長さにそぐわないほどのイマジネーションを内包した結果、本文自体はほとんど粗筋をなぞっているだけのようである。その語られない物語背景の過剰さ、それがまた...続きを読む
  • 黄金の壺/マドモワゼル・ド・スキュデリ
    くるみ割り人形、カルディヤック等の原作で知られるE・T・A・ホフマンの作品集です。
    ホフマン"らしさ"あふれる作品である黄金の壺に対して、"らしさ"の少ない非常にきれいなマドモワゼル・ド・スキュデリ、その他の短い作品が収められています。
    黄金の壺は岩波文庫の方が雰囲気が出てて、私は好きですが、スキュ...続きを読む
  • 黄金の壺/マドモワゼル・ド・スキュデリ
    なんとなく読んだが、おばけ作家のホフマンさん。
    妄想の天才です。
    この光文社古典新訳文庫)シリーズは、どれも読みやすくて、好きだ。