大谷能生の一覧

「大谷能生」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/11/26更新

ユーザーレビュー

  • M/D 上
    マイルスが”マイルス”になっていく過程が、ミュージシャンならではの勝手な共感の元にうまく解釈されていて面白い。リディアン・クロマチックと濱瀬理論によるそれぞれの『ソーラー』の分析が付録についていて貴重。
  • 東京大学のアルバート・アイラー : 東大ジャズ講義録・キーワード編
    はじめて本著を読んだとき世の中にこんな面白い本があるのかと衝撃を受けた。論旨は明確で、小気味良い。死ぬ気で勉強して東大にもし行けたらこんな面白い講義に触れる機会があったのかなと、ちょっと悲しい気持ちにもなったが・・・。内容には賛否両論あると思うが、一つの方向性を学ぶことができるのではないかと感じた。
  • 東京大学のアルバート・アイラー : 東大ジャズ講義録・歴史編
    はじめて本著を読んだとき世の中にこんな面白い本があるのかと衝撃を受けた。論旨は明確で、小気味良い。死ぬ気で勉強して東大にもし行けたらこんな面白い講義に触れる機会があったのかなと、ちょっと悲しい気持ちにもなったが・・・。内容には賛否両論あると思うが、一つの方向性を学ぶことができるのではないかと感じた。
  • M/D 下
    なんか、マイルスの死に際を後追いしながら、死ぬまで滑稽で、死ぬまでかっこよかったアンビヴァレントな人生に涙ぐんでしまった。晩年、「死にたくない」といって暴れるなんて、なんてマイルスらしいエピソードだ。
  • M/D 上
    とにかくボリューミー。しかも上下巻。何度も怯んだけれど、ファッション、楽理、精神分析、交友録、ライバル関係など、あらゆる観点からマイルス・デイヴィスという人を分析していて飽きない。なによりこの人を論じるということは、ポピュラー音楽史を論じることでもあるのだからこの分量はさもありなんと納得。
    個人的に...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!