堀辰雄の一覧

「堀辰雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:堀辰雄(ホリタツオ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1904年12月28日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

東京帝国大学文学部国文科卒。初期の代表作として『ルウベンスの偽画』、『聖家族』など、他に『美しい村』『風立ちぬ』『かげろふの日記』など多数の作品を手がける。中でも『風立ちぬ』は、何度も映画化、テレビドラマ化されている。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2020/07/10更新

無料あり
風立ちぬ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
Ein Zwei Drei
  • ブラウザ試し読み

無料あり
曠野
  • ブラウザ試し読み

無料あり
アンデルゼンの「即興詩人」
  • ブラウザ試し読み

無料あり
色褪せた書簡箋に
  • ブラウザ試し読み

無料あり
姨捨
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「絵本」
  • ブラウザ試し読み

無料あり
エマオの旅びと
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「エル・ハヂ」など
  • ブラウザ試し読み

無料あり
Ombra di Venezia
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「貝の穴に河童がゐる」
  • ブラウザ試し読み

無料あり
かげろうの日記
  • ブラウザ試し読み

風立ちぬ
  • ブラウザ試し読み

風立ちぬ・美しい村
  • ブラウザ試し読み

無料あり
CARTE POSTALE
  • ブラウザ試し読み

無料あり
狐の手套〈小序〉
  • ブラウザ試し読み

無料あり
きのふプルウストの…
  • ブラウザ試し読み

無料あり
クロオデルの「能」
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「鉄集」
  • ブラウザ試し読み

無料あり
心の仕事を
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「古代感愛集」読後
  • ブラウザ試し読み

無料あり
さらにふたたび
  • ブラウザ試し読み

無料あり
初秋の浅間
  • ブラウザ試し読み

無料あり
ジャム、君の家は
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「スタヴロギンの告白」の訳者に
  • ブラウザ試し読み

無料あり
聖家族
  • ブラウザ試し読み

無料あり
続プルウスト雑記
  • ブラウザ試し読み

無料あり
トレドの風景
  • ブラウザ試し読み

無料あり
菜穂子
  • ブラウザ試し読み

無料あり
ノオト
  • ブラウザ試し読み

無料あり
ノワイユ伯爵夫人
  • ブラウザ試し読み

無料あり
ハイネが何処かで
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「馬車」
  • ブラウザ試し読み

無料あり
晩夏
  • ブラウザ試し読み

無料あり
二人の友
  • ブラウザ試し読み

無料あり
冬
  • ブラウザ試し読み

無料あり
フローラとフォーナ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
噴水のほとりで
  • ブラウザ試し読み

無料あり
匈奴の森など
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 羽ばたき Ein Marchen
    鳩山郁子の本は8割がた読んでいる。
    毎回ため息をつくほど好きなのに、どこか走り去りゆく作者の背にタッチできないような、隔靴搔痒を感じていた。
    が、今回は確実に、少しだけ触れた。
    もちろん読後、その感触だけ残していつものように作者は逃げていったのだが、触れた瞬間の喜びと、走り去られるに違いない喪失感の...続きを読む
  • 羽ばたき Ein Marchen
    鳩山郁子のファンなので冷静に善し悪しを論じるのは難しい。
    鳩山さんの作品は、言語化しづらい空気とか気配とか光の煌めきをそのまま漫画にしているというか…ただただキラキラした空間に圧倒されてる内に読み終えてしまう感じがします。
    今回は原作つきとの事でしたがしっかり鳩山郁子ワールドを堪能できたと思いま...続きを読む
  • 風立ちぬ・美しい村
    「言葉が綺麗なのでぜひ」ってオススメされて読み始めたんだけど、本当にその通りだった。言葉一つ一つが瑞々しくて2人の世界に引き込まれる。ストーリーというより、美しくて儚い世界。他の作品ももっと読みたくなる。
  • 風立ちぬ・美しい村・麦藁帽子
    「美しい村」
    前半は田舎の情景描写が主だが後半は専ら絵を描く少女との交流を通したものが主になる。全体的に散在してる印象。実際に起きたことをぽつぽつと書いているような。
    「麦藁帽子」
    夏を背景に少女に対する想いの移り変わりを描いた作品。彼女への想いにまた気づかされるシーンは印象的。二人はもう交わること...続きを読む
  • 堀辰雄/福永武彦/中村真一郎
    同名のアニメですっかり有名になってしまった『風立ちぬ』でなく、「かげろうの日記」とその続篇「ほととぎす」を採ったのは、大胆な新訳が売りの日本文学全集という編者の意図するところだろう。解説で全集を編む方針を丸谷才一の提唱するモダニズムの原理に負うていることを明かしている。丸谷のいうモダニズム文学とは、...続きを読む