小前亮の一覧

「小前亮」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小前亮(コマエリョウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1976年02月12日
  • 出身地:日本 / 島根県
  • 職業:作家

東京大学大学院修士課程修了。専攻は中央アジア・イスラーム史。2005年『李世民』で作家デビュー。作品には『三国志』、『月に捧ぐは清き酒 鴻池流事始』、『姜維伝 諸葛孔明の遺志を継ぐ者』などがある。小説以外の著書に『世界史をつくった最強の300人』などがある。

無料作品コーナー

無料
三国志5 赤壁の戦い
無料
三国志2 天上の舞姫
無料
三国志1 桃園の誓い

作品一覧

2019/07/12更新

ユーザーレビュー

  • 残業税
    時間外勤務に対して課税する残業税が導入された世界で不正を働く企業に対して、税務署・労基署が立ち向かう様を描いた小説。税務署と労基署の方向性の違いなどの行政の描写がかなりリアルな点が良いと思いました。
  • 李世民
    【読書】読み終わった。分厚かったので読み終わるのに結構時間がかかったが、面白かったな。戦のシーンが結構あっさりしてたので、もうちょっと、書き込んでもと思わんでもないのだが、史実的に存外そんなもんかもしれんね。この時代のは、昔、中国のTVドラマの秦叔宝の主役の作品を見たけど、感じはもうちょっと違ってた...続きを読む
  • 残業税 マルザの憂鬱
    残業税を考えたことがなかったので、まずは普通に勉強になりました。そんな中でそれぞれのエピソードが絡み合いながら、残業税に対する様々な脱税をしていく会社。
    たかが残業税、されど残業税、考えさせられます、
  • 劉裕 豪剣の皇帝
    歴史小説は面白い。
    過去の話をドラマチックにしたて、現世では有り得ない英雄譚を楽しめる。
    司馬一族の晋以後の話。
    恐らく大した哲学もなく、戦いに明け暮れて貧民から皇帝に至る。
    立身出世としては凄まじい。
    話自体も気軽に読める。
  • 残業税
    残業代に対して高率の課税をする社会。主人公は、かつて自分の舅の工場の残業代の脱税を摘発した過去を持つほど税金に真摯に向き合っている。
    リアリティがあったのが、残業代をごまかす企業と自分達は経験を積むために好きで残業をしているんだ!とそのごまかしに手を貸している従業員。
    ちゃんと納得している人もいるみ...続きを読む