「山田章博」おすすめ作品一覧

  • 作者名:山田章博(ヤマダアキヒロ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1957年02月10日
  • 出身地:日本 / 高知県
  • 職業:マンガ家

大阪経済大学中退。『ぱだんぱだん』でデビュー。『BEAST of EAST』、『ロードス島戦記 ファリスの聖女』など漫画作品を手がける。イラストレーターとして多数の挿画も手がけており、中でも『十二国記』(小野不由美・著)の挿画は有名である。1996年には星雲賞アート部門を受賞している。

作品一覧

2016/12/28更新

ユーザーレビュー

  • 三国志

    最終巻です。孫権が自分の身かわいさに、劉備の怒りをそらそうと関羽の首が曹操に届けられ、曹操は手厚く葬り。孫権卑怯だ。戦はそんなもんですが。三国志は裏切りの物語でもあるね。
    曹操は病で最期をむかえ、張飛は味方にあっさり殺され、皇帝となった劉備も義兄弟達の仇を討ったあと、この世をさり。
    そして孔明に...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 三国志

    漢中を奪うにいたる戦いが始まる。黄忠・厳顔のじいさんコンビのとこが面白い。
    漢中王となった劉備。これで「天下三分の計」がなったことになるのかな。そして関羽、張飛、趙雲、馬超、黄忠の五虎大将軍、漢中太守の魏延が任命される。
    背水の陣がここででてきます。水魚の交わりもそうですけど、三国志からはじまっ...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 三国志

    5巻は、周瑜の憤死、落鳳坡での龐統の死、そしてついに蜀の国を得る劉備。これで三国鼎立になるというところまで。
    周瑜は怒りでふさがりきっていない傷口がひらいて血が噴き出して力が奪われて。。
    彼がなくなったときの、孔明の涙の真意はどこにあるんでしょうね。それも手段のひとつだったのでしょうか。

    ...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集