「茂木健」おすすめ作品一覧

「茂木健」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/06/08更新

ユーザーレビュー

  • わたしの本当の子どもたち
    男のプロポーズに対する返事が波動関数を収束させ、運命が分岐した女の人生を描いた物語。認知症により波動関数が再び発散するところや、描かれる世界史が史実通りではなく、偽史が含まれるのが面白い。また、セクシュアリティが生来固定のものではなく、人生の途中で変わっていくという描写も良かったと思う。
    それにして...続きを読む
  • みんなバーに帰る
    舞台はLAの場末のバー。
    ぶっきらぼうな文体。
    主人公の“君”。
    ウイスキー。

    面白くて一気読みした。
    乾いたLAの場末が思い浮かぶし、登場する人たちもリアル。
    肯定も否定もしないところがいい。
    ラストもいい。

    原作はもとより、訳した方もうまいと感じる。
  • わたしの本当の子どもたち
    パラレルワールドもの。最初の章で認知症の老婦人の日常が語られて此処が並列世界の終点であることを匂わせる。
    そこから過去に遡り同一人物の二つの人生が平行して語られていく。どちらかが劇的な人生と言うわけでもないのだが、明らかに世界観は異なる。
    パットが生きる世界では限定的に核戦争が有り各地で死の灰が降る...続きを読む
  • わたしの本当の子どもたち
    これが、遅れてきた、2017の私的ベスト1だと思う。
    人生には選択があり、どちらも命をかけて守りたい愛しい人と、吐くような痛みをともなうのだ。時は過ぎていく。
  • 時間のないホテル
    全速力は出せない年齢だけど、体力をすごーく使って走った感じがする。この小説って疲れるんだけれども、映画みたみたいに世界に溶け込めた。たぶん、ホテルってみんな知っている空間だからかも。大人も子供も、日本でも外国でもきっと同じ満たされた静かな空間。民宿や旅館じゃなくて、大手のホテルの独特ななにもかもを吸...続きを読む

特集