「茂木健」おすすめ作品一覧

「茂木健」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/08更新

ユーザーレビュー

  • 時間のないホテル
    全速力は出せない年齢だけど、体力をすごーく使って走った感じがする。この小説って疲れるんだけれども、映画みたみたいに世界に溶け込めた。たぶん、ホテルってみんな知っている空間だからかも。大人も子供も、日本でも外国でもきっと同じ満たされた静かな空間。民宿や旅館じゃなくて、大手のホテルの独特ななにもかもを吸...続きを読む
  • パンドラの少女 下
    下巻も3分の1くらいまではダルダルだったけど、その後からラストにいたるまでの絶望感とカタルシスは素晴らしい。
    壁の描写に、映画版タイトルの「ディストピア」はこれかーと思ったけど、ラストシーンでこっちだった!と納得。
    メラニーはヤンデレかわいいと思います!
  • 完璧な夏の日 下
    上巻に引き続き、第二次世界大戦におけるユーバーメンシュたちの戦いの様、そして、東西冷戦時代を経て現代にいたるまでの彼らのその後が描かれます。

    上巻の冒頭で、オブリヴィオンがフォッグと会ったのは、彼らの上司オールドマンの元に呼び寄せ、フォッグの戦時中の報告書で語られていなかった事柄について、真相を聞...続きを読む
  • 完璧な夏の日 上
    現代のロンドンで、フォッグ(霧)とオブリヴィオン(忘却)という二人の男が再会する場面から始まる物語は、1926年〜44年のパリ、ワルシャワ、トランシルヴァニアなど時間と場所が転々と行きつ戻りつしつつ進んでいきます。

    ある出来事により特殊な能力を身に付けた、ユーバーメンシュと呼ばれる超人たちが、第二...続きを読む
  • 完璧な夏の日 上
    たまたま書店の本棚の上に上下巻が無造作に置かれてあり、なんとなく手に取った本だったが、個人的には大当たり。好みにぴったり当てはまる本だった。

    ”戦争×SF”がテーマである。

    第二次世界大戦の折に活躍、暗躍した異能力者「ユーバーメンシュ」達について。淡々とした描写からはまるで映画を見ているような印...続きを読む

特集