「富永和子」おすすめ作品一覧

「富永和子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/09/14更新

ユーザーレビュー

  • 悪の猿
    何といっても犯人の邪悪さ、狂気と不気味さ、恐怖に圧倒されてしまう。そして作中に出てくる日記の内容の異常さ。読むことすら嫌になるような描写がたくさんあるのに読むことをやめられない。抜群に面白い。犯人の造形と同様に警察側の造形もよくて魅力的。時間との戦い、先の見えない捜査、焦りと絶望感。次々展開されてい...続きを読む
  • 悪の猿
    J・D・バーカー『悪の猿』ハーパーBOOKS。

    大昔の扶桑社の海外ミステリーを思わせるようなサイコ・ミステリー大作。連続殺人犯『四猿』の狂気を最後まで見事に描き切っている。

    日光の『見ざる、聞かざる、言わざる』に準え、被害者の耳、眼、舌を切り取り、家族に送り付け、最後には殺害するという残酷な犯行...続きを読む
  • パシフィック・リム:アップライジング

    映画本編の参考書に

    映画を見た後にこの本を読んでまた映画を見るのがおすすめです。
    映画はテンポが速く、説明不足なところもありますが、これはその部分を補完してくれます。
    ただし、本編と違うところもあります。
  • 完璧な家
    優しくて、イケメンで、お金持ちの弁護士と結婚したグレース。
    でも、綺麗なバラには棘があった。
    それも、猛毒を持った棘。

    人の『恐怖』に快感を感じるサイコパス。。。それがジャックの真の姿だったのだ。

    新居に閉じ込められ、監視されるグレース。
    ジャックの真の目的は、ダウン症の妹ミリー。
    この監禁から...続きを読む
  • 完璧な家
    読み始めは一体何が起こっているんだろうというドキドキ感。途中は何とも不快なムカムカ感。ラストが近づくにつれ一条の光が射しこむ期待感が…
    「完璧な」というキーワードが幾度か登場するこの小説で、主人公のグレースは、華やかなキャリアウーマンの経歴を捨て結婚したばかり。弁護士の夫、ジャックと住む家がお話の舞...続きを読む

特集