「常井健一」おすすめ作品一覧

「常井健一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/02/16更新

ユーザーレビュー

  • 誰も書かなかった自民党―総理の登竜門「青年局」の研究―
    常井健一氏、どうしてこんなに注目の政治家に懐を割らせる力があるのか?
    その疑問は、本著のあとがきで判明した。至極納得。

    自民党が幾たびかの下野を乗り越え、与党であり続ける
    要員として、若い政治家を育てて総裁にまで切磋琢磨させるプロセスが、手に取るように分かる著作である。
    多くの取材協力者のリアルな...続きを読む
  • 小泉純一郎独白
    どちらかというと保守的な人間ですが、なんか読んでいて妙に納得してしまったインタビュー本でした。1000円にしてはなかなか価値がある買い物だった。
  • 小泉純一郎独白
    進次郎の原発に対する考えは、言語明瞭決意不明瞭
    今でもお客さんとあうときは、CIPPSを使う。トヨタの奥田氏の好意で。
    原発がなくなったらエネルギー輸入が増えて国富が損失するという意見があるが、じゃあ食料を輸入しているのに国富が損失していると言うか、と反論している。
    演説はとにかく分かりやすく。ご当...続きを読む
  • 決断のとき ――トモダチ作戦と涙の基金
    ジャーナリスト常井健一さんによる、小泉純一郎元総理が掲げる脱原発の思い、政治家としての生きざまをまとめた一冊。信なくば立たずを信念としているだけに、自分の主張を曲げずに貫く政治姿勢こそ、今の政治に一番欠けているものだと得心しました。
  • 決断のとき ――トモダチ作戦と涙の基金
    小泉純一郎、76歳。10年前に権力を自ら手放した男は、なぜ傷ついた元アメリカ兵に手を差し伸べたのか。36年7ヶ月の政治遍歴から読み解く回想録。原発ゼロ社会の実現を目指す活動を詳細に語る。