「常井健一」おすすめ作品一覧

「常井健一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/02/16更新

ユーザーレビュー

  • 決断のとき ――トモダチ作戦と涙の基金
    小泉さんはよい。

    内容には全く関係ないが、時を同じくしてアメリカの相手方であったブッシュ大統領の回想録も「決断の時」というタイトルである。まさか示し合わせたわけではなかろうが、偶然の一致にしては出来過ぎのような気もする。
  • 誰も書かなかった自民党―総理の登竜門「青年局」の研究―
    常井健一氏、どうしてこんなに注目の政治家に懐を割らせる力があるのか?
    その疑問は、本著のあとがきで判明した。至極納得。

    自民党が幾たびかの下野を乗り越え、与党であり続ける
    要員として、若い政治家を育てて総裁にまで切磋琢磨させるプロセスが、手に取るように分かる著作である。
    多くの取材協力者のリアルな...続きを読む
  • 小泉純一郎独白
    どちらかというと保守的な人間ですが、なんか読んでいて妙に納得してしまったインタビュー本でした。1000円にしてはなかなか価値がある買い物だった。
  • 小泉純一郎独白
    進次郎の原発に対する考えは、言語明瞭決意不明瞭
    今でもお客さんとあうときは、CIPPSを使う。トヨタの奥田氏の好意で。
    原発がなくなったらエネルギー輸入が増えて国富が損失するという意見があるが、じゃあ食料を輸入しているのに国富が損失していると言うか、と反論している。
    演説はとにかく分かりやすく。ご当...続きを読む
  • 決断のとき ――トモダチ作戦と涙の基金
    脱原発、トモダチ作戦に関わった米兵の訪問などについて本人の言葉で書かれている。
    日中友好をかかげるが、日本の総理として靖国参拝をする必要があるという立場。それ以降は参拝していない。
    論語 過ちでは改むるに憚ることなかれ
    平成は中国の古典、史記から。
    ストレス解消法は新しいストレス
    信なくばたたず