地方選 無風王国の「変人」を追う

地方選 無風王国の「変人」を追う

作者名 :
通常価格 1,870円 (1,700円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

『無敗の男』で政治家と永田町を描き尽くしたライターが全国7町村の首長選の現場、土地の風土、そこに映る「にんげん」の本質までを描き出す――

マグロと原発の町、「飛び地」の村、60年も無投票が続く島……
“選挙を旅する”異色ノンフィクション。
コンビニ店員、国際派テレビマン、サーファー漁師、発明家は、
【再選率84.2%】の壁になぜ挑んだのか?

「改革幻想に囚われ、国政政党の合従連衡に明け暮れた平成政治とは異なる令和の政治がこれから始まるとするならば、その主人公は地べたの暮らしに疎くなった永田町の住民ではなく、土の香りがする地方の首長の中から生まれるであろう」(「プロローグ」より)

愛なき“勝ち組の政治”を打ち破るのは、田舎の荒野でもがく「変わり者」だ!

【目次】*小見出しは一部
プロローグ
コロナ以後の「ニュースの主人公」
2020年は地方政治再評価の出発点
「安倍一強」が逆なでした地方のプライド

第1章 えふりこぎ(青森県大間町長選)
原発マネーが漁師町を変えた
「選挙は親戚の数で決まる」

第2章 コンビニ店員の逆襲(北海道中札内村長選)
毎日の接客が選挙運動になった
最後は鈴木宗男が持っていった

第3章 風にとまどう神代の小島(大分県姫島村長選)
竹下登が駆け寄ってくる
61年ぶりの選挙は島を変えた

第4章 ドンの5日間戦争(愛媛県松野町長選)
「老人ホームに入れなくなるよ」

第5章 国道ファースト主義(和歌山県北山村長選)
村民の9割が二階俊博を支持

第6章 仏頂面と波乗り男(北海道えりも町長選)
「私が東京と話をつけようか」

第7章 嘘つきと呼ばれて(佐賀県上峰町長選)
「原口一博」という後ろ盾

エピローグ
英雄探しよりも「機能する変人」の発掘を

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2020年09月25日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
15MB

地方選 無風王国の「変人」を追う のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月19日

    畠山理人氏の黙殺を読んで面白かったので類書として読みました。人口数千人規模の市町村の選挙を取材し、政治とまちづくりの関係を明らかにし、住民の選択を見届けていきます。

    政治に興味がない層としては、変革を望む若手、本書でいう変人を応援しながら読んでしまいます。しかし、まちづくりと政治の過去を見ると、必...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月10日

    8期連続無投票当選など、「無風王国」のもと首長のワンマン行政が続く小さな自治体。2015年の統一地方選では、町村長選挙のうち、全体の約43%が無投票、現職の再選率については、84.2%という実態がある。しかし、一方で、周囲からは「変人」扱いされながら、変わらない過疎の集落に捨て身になって風穴を広げよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月01日

    地方の首長選挙を取り上げたノンフィクションである。サブタイトルに「無風王国の「変人」を追う」とあるように現職町村長の再選が確実視される中で町村長選に名乗りを上げたチャレンジャーを取り上げる。
    ここからは所謂インディーズ候補を取り上げた書籍に感じる。NHKから国民を守る党が政党要件を満たすようになった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年05月01日

    読後感が悪い
    こういうムラ社会には生きたくないと思う
    本書の見解だけを信じてはいけないが平板に描くことでムラの感じを浮き立たせていると思う

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています