「えすとえむ」おすすめ作品一覧

「えすとえむ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:えすとえむ(エストエム)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1981年04月02日
  • 出身地:日本 / 千葉県
  • 職業:マンガ家

京都精華大学卒。2006年『ショーが跳ねたら逢いましょう』でデビュー。『うどんの女』で「このマンガがすごい!2012オンナ編」を受賞。その他に『その男、甘党につき』、『IPPO』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/10更新

ユーザーレビュー

  • IPPO 1
    オーダーメイドの靴屋の話。
    劇的な展開はなく日常が淡々と描かれていきます。(見所が少ないという意味ではありません!)
    一話一話にギュッとドラマが詰め込まれていて読みごたえはとてもあります。
    説明的な言葉は少なく、登場人物の心理描写は表情やしぐさ、コマ割りで見せる。だからこそ一つのコマをじっくり見つめ...続きを読む
  • Golondrina-ゴロンドリーナ-(5)
    久しぶりに面白かった漫画
    死のうとしていた少女が死のうと思った原因をつくった人の記憶に残る死のために闘牛士を目指すという話。
  • IPPO 5
    実に詩的。どのストーリーもとてもよかったです。プロポーズに靴、最高です。うっとりしました。もう一度プロポーズの機会があるなら、こういうシチュエーションを、と心から願いました。最終話も素晴らしかったです。いつまでも余韻が残るラストで、こうして完結する潔さを実感しました。
  • IPPO 5
    読み終わってどこか須賀敦子のユルスナールの靴を思い出した。いい終わり方だった。
    えすとえむの作品は買いです。
  • IPPO 5
    言う事なし、満場一致で殿堂入り
    主人公・歩が真摯な誠意を籠めて制作している靴に劣らぬほど、美しさが洗練されていた
    (1)~(4)までも最高だったけど、この完結巻はレベルが違う
    どこが違うってのは説明しづらい。ただ、こういう感覚に響く違いってのは、ある種の正しさが宿っている気がする
    格、と言うべきなの...続きを読む

特集