エイジ・コールド・ブルー

エイジ・コールド・ブルー

作者名 :
通常価格 680円 (619円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ルームメイトでバンドのメンバーのビリーとニック。メジャーデビューを夢見るビリーに想いをよせるニックだが、友情以上になれず破滅的に。自由過ぎる生き方のニックにバンドのメンバーも嫌気がさし、それでも突き放すことができないビリーが音楽をとるかニックをとるか、決断を迫られ出した答えとは?ほんとうに離したくないものとは何か…?ビリーとニックの出逢い編を描き下ろし、シリーズ4編のほか読み切り2編を加え、それぞれの儚くも美しい青い時代を熱く描く!

ジャンル
出版社
東京漫画社
掲載誌・レーベル
MARBLE COMICS
ページ数
191ページ
電子版発売日
2011年09月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
55MB

関連タグ:

新刊オート購入

エイジ・コールド・ブルー のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年02月23日

    鳴りっぱなしのサイレン 麻痺している俺たちの耳
    この部屋には窓なんて一つもないけれど
    外を見てみろ、美しい夜だ

    かっこよすぎでしょう。
    しびれるね、Too Old Too Die

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    あちこちで話題になってた『えすとえむ』さん。
    初読みでした。

    もっと早く読めば良かった−・・・。
    絵に苦手意識あったのですが、読んだら全ッ然気にならない。むしろいい!!

    うん、おもしろかった。
    なんだか熱かった。
    空気がすき。

    私としては『I saw blue』がお気に入り。

    どうやらもう1...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    デビューを夢見るバンドのギター・ビリーと、彼に片想いのヴォーカル・ニックの話。
    無茶苦茶だけど一途なニックがいじらしい。
    何を捨ててもその人を選び取るのが愛情であり、青春なんだなと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    なんだこの作家さんは!?BLはどこまで進化するのか。

    このあとのニックとビリーがとても気になります。不毛な片想いは、深すぎると思う…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    BLとしてはおそらく異色。只、兎も角恰好良い。映畫のような独特なテンポで無性にRockが聴きたくなる。若干毛色が違うので好みは分かれそうだが、エロよりストーリー重視と云う方にオススメ。1作目(『ショーが跳ねたら逢いましょう』)を先に讀むと解かりやすいかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    薄暗いロックの雰囲気を遺憾なく発揮した作品
    孤独感との葛藤を無駄のない台詞まわしで淡々と、それでいて感傷的に描いている
    表題作以外も全て読む価値のある粒揃いな本

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月09日

    とても面白い、独特のタッチが醸し出す雰囲気が新鮮、BL特有の読みにくさと噛みごたえのなさを感じない。
    異国の異人の性質をうまく表現できている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    前作の「ショーが跳ねたら逢いましょう」読んでないとわかりにくいかも。これの中に入ってたギタリストたちが主役の話です。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています