Golondrina-ゴロンドリーナ(1)
  • 完結

Golondrina-ゴロンドリーナ(1)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

同性の恋人・マリアから裏切られて自ら死を選ぼうとしていた少女・チカ。
しかし、彼女を轢きかけた男・アントニオによって保護された。
翌朝、チカがアントニオに保護した理由を尋ねると「男だったら、闘牛士にでもするつもりだった」と冗談とも本気ともつかない返答が。
しかし、チカはその言葉を真に受けて「闘牛士になる。そしてマリアの目前で死ぬ」と宣言。
己の言葉通り、数少ない女性闘牛士になるべく苦難の道を歩み始めたチカだが…?
『うどんの女』『はたらけ!ケンタウロス』などで業界の注目を集めているえすとえむ、青年誌初連載作品!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
IKKI
ページ数
208ページ
電子版発売日
2013年12月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
38MB

関連タグ:

Golondrina-ゴロンドリーナ(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年03月13日

    実際にスペインに頻繁に足を運んでいて、闘牛士に魅せられている作家さんの作品。
    主人公のチカは女の子に裏切られて死のうとしたことをきっかけに闘牛士を目指すんだけれど、死ぬ価値もないと言われ、葛藤して自分のあり方を探っていく。
    「度胸と勇気は違う」、「お前と俺の勇気は違う」といった台詞が印象的でした。生...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月08日

    「血ならとうに見慣れてる」がいいな、と思った。闘牛ってゆう、正直一切関係ない世界とこっち側を一気に近づけるのはチカの女臭さ。
    女としてはイケメンだけど、ちゃんと女子の嫌な部分も持ってるキャラクターなのがよい。
    共感ポイントがあるからのめり込む。
    うどんとは全く違う世界観に拍手。続きが楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月07日

    生きた動物を傷つける、闘牛という伝統競技は好きではないけれど、"うどんの女"を読んでえすとえむさんの描く絵や、登場人物の心情描写が好きになり、しかもIKKI連載なので気になって読んでみた。闘牛士になって死にたい!と願う同性愛者の女の子のお話。性的な描写はないです。突発的に動き、自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月17日



    個人的に大好きな作品。
    上手く言葉に出来ないけれど、先が楽しみ。
    主人公のがむしゃらさが愛しくてたまらない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月02日

    闘牛がテーマってなかなか出会うことがないので、気になって購入。えすとえむさんは割りと好きだったし「愚か者は赤を嫌う」で絵柄とかが割りとお気に入りだった、っていうのもあるけれど…。

    フってきた同性の恋人に対する腹いせに自殺したい。
    その手段として、闘牛士を選んだチカ。
    のお話。

    チカと同様、私も闘...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月04日

    表紙の絵がキレイだったことと、作者がBL作品出身ということで、
    興味を持ちました。

    まず、BLな要素はないです。
    絵はとてもうまく、闘牛というテーマでスペイン人を描いてますが、とても雰囲気が出ていてよかったです。

    まだ序章な感じなので、なんとも言えないですが、
    もう少し精神的な描きが刺さるものが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月24日

    女闘牛士の物語。
    同性の恋人に裏切られ自殺を試みていたチカは、死に場所を求めて「闘牛士になる」と宣言する。
    食肉としての牛、人間が生きるために生き物を殺す現場でもある闘牛場で死を求める女――雄牛の血と月経の赤をマンガのモノクロの世界で思い浮かべる。
    女の世界にいたチカは雄牛の、延いては男性的な世界と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月24日

    いまなぜ闘牛を題材に?と思ったし、はっきりいって闘牛きらいだけど、残酷なところも含めて逃げずに描いてあるなぁと思った。えすとえむさんの描く身体の線が好き。次巻も買う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月07日

    闘牛士を目指す女の話。
    結構おもしろい。
    久しぶりの当たりマンガだわぁ。
    ☆4なのは、次巻に期待の意味を込めて。ぶわっ!って盛り上がったら☆5ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月13日

    現在3巻。
    チカは同性の恋人に振られて傷ついていた。
    もう何もないと死ぬために闘牛士となることを決意し、パートナーだった国民的英雄だった闘牛士を亡くしたアントニオについていく。
    他の闘牛士たちやそれに関わる人たちとの交流によって闘牛士として成長していく物語。

    このレビューは参考になりましたか?

Golondrina-ゴロンドリーナ のシリーズ作品 全5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • Golondrina-ゴロンドリーナ(1)
    完結
    同性の恋人・マリアから裏切られて自ら死を選ぼうとしていた少女・チカ。 しかし、彼女を轢きかけた男・アントニオによって保護された。 翌朝、チカがアントニオに保護した理由を尋ねると「男だったら、闘牛士にでもするつもりだった」と冗談とも本気ともつかない返答が。 しかし、チカはその言葉を真に受けて「闘牛士になる。そしてマリアの目前で死ぬ」と宣言。 己の言葉通り、数少ない女性闘牛士になる...
  • Golondrina-ゴロンドリーナ(2)
    完結
    初めて本物の牛の前に立ったものの、何も出来なかったチカ。 そんなチカを、若く有望な見習い闘牛士・ヴィセンテは痛罵する。 自分はいったいなんのために闘牛士になろうとしたのか…チカの想いは過去に飛び、忌まわしき記憶が甦る。 チカは再び牛の前に立つことが出来るのか? 業界最注目作家による本格闘牛コミック、待望の第2集!
  • Golondrina-ゴロンドリーナ(3)
    完結
    見習い闘牛士としてデビューを果たしたチカ。 しかし、その初戦は惨憺たる結果に。教えられた通りのことをこなしていながら、なぜ精彩を欠いた闘牛士しか出来ないのか…。 そんな中、フラメンコを踊る老女の姿に一筋の光を見出したチカは…? 男達の中で一人輝く粋な女・チカ、その苦闘をたっぷりと描いた第3集!
  • Golondrina-ゴロンドリーナ(4)
    完結
    チカの友人にして乗り越えるべき目標でもあるヴィセンテ。 闘牛士一家の三代目として育てられた彼は一方でその重圧と 戦ってもいた。そんな中、実はヴィセンテが伝説の闘牛士・ フランシスコの息子であることが明かされる。 己の存在意義に確信が持てなくなったヴィセンテ。 そして迎えた正闘牛士になるための昇格式で、誰も予想だに しなかった悲劇が…。
  • Golondrina-ゴロンドリーナ-(5)
    完結
    友人・ヴィセンテの事故に大きなショックを受けて、 自分の闘牛に集中出来なくなったチカ。 混迷の中、闘牛反対集会の先頭に立つ歌手・ジョラに出会う。 誘われるままに、ジョラと親密な関係になったチカはその後、 生活は荒れ、闘牛に対しても「殺すのが仕事だから」と嘯くように。 そんなチカの前に突如姿を見せたのは…? 生と死の境界線に立つ本格闘牛コミック、待望の第5集!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています