「武田知弘」おすすめ作品一覧

「武田知弘」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/05/20更新

ユーザーレビュー

  • 教科書には載っていない 大日本帝国の真実
    大日本帝国というと、「軍国主義の時代」「アジア中が日本の戦争のために犠牲になった時代」など、暗黒時代の象徴として語られることが多い。"War Guilt Information Program" (連合国軍最高司令官総司令部が行った自虐的歴史観を植え付ける洗脳計画)に洗脳された公立学校教職員(日本教...続きを読む
  • 教科書には載っていない!戦前の日本
    面白かった。戦前の日本の様子が娯楽的な視点で書かれていた。

    中には知らない知識も多く、サクッと読めた。
  • 大日本帝国の国家戦略 なぜ日本は短期間でアジア最強になったのか?
    好著。大日本帝國の歴史の優れた部分、大東亞戰爭に於て敗北した原因など、當時の日本の置かれた状況に鑑みながら、特定の立場に偏ること無く書かれてゐる。近現代史の副讀本として推薦したい。
  • 教科書には載っていない 大日本帝国の真実
    戦後教育では恰も戦前の日本が異常な国であったかのやうにいはれるが、ごく普通の国であったといふことがよく分かる本。幕末から大東亜戦争終戦までが、「なぜ?」といふ観点から分かり易く書かれてゐる。自虐史観でもなく、かと言って戦前のすべてが正義だったといふ史観でもない。極めて客観的に書かれた好著だと思ふ。た...続きを読む
  • 織田信長のマネー革命 経済戦争としての戦国時代
    ■信長経済

    A.当時(信長の時代)寺社というのは、経済社会の中で非常に大きな利権を持っていた。
    あちらこちらに荘園を持っていたし、港を抑えて大きな関税収入を上げたり、市や座を取り仕切って、多くの地代を得ていた。
    だから信長は、既存の市とは別の市をつくり、寺社や公家の影響力を排除したのである。

    B...続きを読む