小林照幸の作品一覧

「小林照幸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2024/04/24更新

ユーザーレビュー

  • 死の貝―日本住血吸虫症との闘い―(新潮文庫)
    Wikipedia三大文学があるという。
    八甲田山雪中行軍遭難事件、三毛別羆事件と並んで日本住血吸虫症。
    本書は題材からも内容からも「八甲田山死の彷徨」「羆嵐」と共に屈指のノンフィクション。

    原因不明の地方病、山梨県、岡山県など一定の地域にだけ見られ、治療法もない不知の病。
    現代医学から病の原因を...続きを読む
  • 死の貝―日本住血吸虫症との闘い―(新潮文庫)
    大部分が引用されていたWikipediaで読んだものの、当たり前だがこの本によってより詳細を知ることができた。文庫化にあたって筆者による解説が加わったが、そこにコロナの流行の件も書かれており、自分が体験したことと重ねて当時の苦しみや必死さを想像することができた。
  • 朱鷺の遺言
    とても感動して、後半はウルウルした。特に、木に止まるキンちゃんの写真を見た時は、奇跡を感じた。
    1.佐藤さん高野さん宇治さんの感動秘話があったこと
    2.朱鷺絶滅の詳細な話を知らなかったこと
    3.作者の詳細な調査と取材そして、引き込まれていく文章

    この本を読む機会があったことに感謝したい。
  • 朱鷺の遺言
    [艶やかなるその遺志]かつては空に羽ばたく様子が多く見られた朱鷺(トキ)。昭和前期、その名前だけは耳にしたことがあった佐藤春雄は、ある日実物を見かけ、その美しさに惚れ込み、仕事の傍ら日々の観察を欠かさないようになる。朱鷺の生活環境が年々進む開発で厳しさを増すことを憂いた佐藤は、独力ながらもその保護の...続きを読む
  • 政治家やめます。 ある国会議員の十年間
    「政治家に向いていない」という理由で政界を引退した自民党の元国会議員の久野統一郎氏の選挙出馬から引退までを描いている。
    統一郎氏の父は郵政大臣を務めた国会議員の久野忠治。
    統一郎氏は父の跡を継ぐ気はなかったが外堀を埋められ、立候補した。
    この本では国会議員の日常が描かれたいる。昨今世襲議員への非難が...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!