阿辻哲次の作品一覧

「阿辻哲次」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/08/12更新

ユーザーレビュー

  • 漢字再入門 楽しく学ぶために
    確かに再入門である。齢五十年有余年を重ねてなお漢字についてこれ程知らないことがあったとは衝撃である。
    文と字の違い、会意と形声、意符の成立ちなど、この本を手に取らなければこんな大事な事を知らずに生を終えるところだった。
  • 漢字のいい話(新潮文庫)
    漢字は表意文字。いつも何気なく使っている漢字にも深い意味があったり、由来を聞くと聞くとなるほどと思うことが多い。

    漢字は表意文字。いつも何気なく使っている漢字にも深い意味があったり、由来を聞くと聞くとなるほどと思うことが多い。

    本書はそんな目からウロコの蘊蓄話と奥深い中国の字典(事典、辞典ではな...続きを読む
  • 部首のはなし〈2〉もっと漢字を解剖する
    部首のはなしは、本屋さんにならんでいたのですぐに購入しました。
    漢和辞典で、部首で探すのに苦労していたからです。
    最近の漢和辞典では、配置していない部首の項に、どの部首に配置しているかの索引を最初に記載しているものもあり助かっています。
    部首ごとに詳しい話の続きが書かれているので、漢字の専門家...続きを読む
  • 部首のはなし 漢字を解剖する
    本屋さんにならんでいたのですぐに購入しました。
    漢和辞典で、部首で探すのに苦労していたからです。
    最近の漢和辞典では、配置していない部首の項に、どの部首に配置しているかの索引を最初に記載しているものもあり助かっています。
    部首ごとに詳しい話が書かれているので、漢字の専門家でないものにとっては参...続きを読む
  • 漢字のはなし
    文字の歴史には、
    古代エジプトの象形文字であるヒエログリフ、
    粘土板に刻まれたメソポタミアの楔形文字、
    中国北部の遼王朝(10世紀から12世紀)で使われた契丹文字、
    六世紀にメキシコから中米で使われたマヤ文字などがある。
    文字を持たない文化には南米のインカと、日本北部のアイヌがある。
    ...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!