マイケル・ルイスの一覧

「マイケル・ルイス」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/07/14更新

ユーザーレビュー

  • マネー・ボール〔完全版〕
    文句なしに面白い本。
    データは漫然と集めるのではなく、得たい目標に対して有効な因子なのか、有効な基準値はどれぐらいなのか、を常に見直すことが新しい価値を生むという、あらゆる分野に通じる哲学が書かれています。
  • マネー・ボール〔完全版〕
    マネーボールという映画になった本のことは、
    何年も前から知っていました。
    改めて、LearnBetterを読んでいて興味を惹かれて読んでみました。

    この本は、ブラッドピッドが映画にしたことからも多くの方がご存知の通り、
    メジャーリーグ球団をテーマにした
    球団経営を巡るテーマが主眼です。
    けれども、...続きを読む
  • 世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち
    ・安倍政権は1000兆円にもなる国家債務を返す当てもないまま、さらに国債を発行し、大規模な公共事業を約束している。日本国政府はまるで借金が膨張していくことを気にも止めていないようだ。それにも拘らず、日本国債の値段は下がっていない。日本の銀行が、他に融資先がないので買い続けているからだ。しかし、こんな...続きを読む
  • かくて行動経済学は生まれり
     マイケルルイスのこの最新作が、心理学と経済学が融合した行動経済学の成り立ちを描いたものであることが、既刊作のようにその時の話題から切り出したものではないことに驚いた人は多い。
     それでも、そんな驚きは杞憂だった。今まで以上に、対象に興味を抱かせるパワーがあるのだ。それはその対象の魅力によるものだが...続きを読む
  • 世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち
    去年だったか海外出張の際に機内で途中まで観た『マネー・ショート』の原作。著者は『マネー・ボール』のマイケル・ルイス。サブプライムの証券化の胡散臭さにいち早く気付き、その破綻に賭けた3人(3グループ)の勝ち組を追ったノンフィクション。「勝ち組」とはいえ、それぞれが訳ありな生い立ちを歩み、その人生観を反...続きを読む

特集