「金谷治」おすすめ作品一覧

「金谷治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/15更新

ユーザーレビュー

  • 論語
    孔子って人生において、何となく感じたことや、感覚的に感じていること、親や書籍そして先輩や友達などが言っていることなどを分析して抽象化、汎化ができる人だと思ったよ。
  • 新訂 孫子
    やや難解で古い訳文に読解は困難を極めたが、薄くて2日くらいで読める。でもその分奥が深いので何回も読み直すほうがいい。
  • 新訂 孫子
    古典の王道、岩波文庫の「孫子」。

    他の入門書や関連書と違い、筆者の
    意見や解説が無く、原文⇒読み下し文
    ⇒現代語訳、平易な注のみのシンプル
    な構成。

    又、巻末に重要語句索引が良い。
    「風林火山」「彼を知りて己を知れば
    百戦して殆からず」「呉越同舟」
    「兵は詭道なり」「兵は拙速なるを
    聞くも、未だ...続きを読む
  • 大学・中庸
    古典を読むにあたり、西洋哲学と共に
    東洋思想もバランス良く織り交ぜたい。

    本書は、「論語」「孟子」と共に四書
    と呼ばれる儒教の代表的経典。

    「大学」は、政治の根本は己の修養で
    ある「修己治人」を説き、「中庸」は、
    道徳の実践として「中庸の徳」「誠」
    を説く。

    リーダーとして仕事をする上で、又広...続きを読む
  • 新訂 孫子
    ちょっと力をつけたい人にオススメ。
    兵法だけあって、人をうまく動かす方法がたくさんある。
    敵を知る前に己を知るはかなり有名な話。