新訂 孫子

新訂 孫子

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

『孫子』13篇は、中国最古のすぐれた兵書である。しかし、そこに記された戦略・戦術の論議における深遠な洞察は、ひろく人生全般の問題に適用しうるものである。新出土の竹簡資料との照合も経て、またさらに読みやすくなった新訂版。原文と読み下し文と現代語訳に平易な注を加え、巻末には重要語句索引を付してある。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波文庫
ページ数
202ページ
電子版発売日
2012年11月22日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

新訂 孫子 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月25日

    誰もが知っている言葉の数々が詰まった薄い一冊。
    鞄は勿論ポケットにも入るため外出先の予備の一冊として持ち運べる。おかげで今まで何度も何度も読み返せた。
    一つ一つの言葉はそれだけを取り上げて読めば「そりゃあそうだろう」と納得できる。むしろ、当たり前のことが書いてあるようで、肩透かしを食らったような感じ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月28日

    中学生の時に初めて読んでから、何度か読み返している。

    進学、就職など自分の環境が変わったところで再読すると、新たな着想が得られて面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月01日

    兵法書として有名な孫子なのだけど戦っていい状況をかなり限定している。
    戦う場合は絶対勝つというセオリーを守るように徹底させている。

    間諜使った情報収集と戦場の情報と兵糧といった実際戦う前の準備こそが戦いで、その後はただの答え合わせ感がある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月01日

    やや難解で古い訳文に読解は困難を極めたが、薄くて2日くらいで読める。でもその分奥が深いので何回も読み直すほうがいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月17日

    2000年以上も前の書物が残っていたということが感慨深い。
    時間が経ってから何度か読み直してみるといいのかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月14日

    できれば戦争をしないで、勝つこと。

    戦争は相手より、何十倍の戦力がある時だけ、自ら仕掛ける。なぜなら、戦争には莫大なリスクかかかる。長期戦になろうなら、自分の戦力は大きな損害が生まれるからである。必ず勝てる時だけ行い、短期で終わらせること。

    相手を知る最も有効な手段は、スパイを使う。

    相手のこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月18日

    ビジネス書があまりにも孫子の兵法推しなので読んでみた。内容自体は戦争に関するものなので、直接役に立つ情報が書かれているわけではない。火攻めの方法とか地形の活かし方などは実生活で使える孫子という人の考え方や戦術は現代にも通ずるところがある。例えば最も有名な「敵を知り己を知れば百戦危うからず」のようなも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月12日

    戦わずして勝つ。
    戦わないためにどうすればよいかが書いてある。
    故事成語のオンパレード。

    全体の構成として、原文→読み→注釈→現代語訳、が章立てごとに繰り返されるので、原文と対比して読み進めやすい。

    解説や巻末の索引も親切で、初心者向け。
    傍らに置いて座右の書としたい。

    感想としては、これをよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月25日

    孫武が書いたとされる兵法書。
    100分で名著を観てから読むと、さらに面白さが増す。

    兵法書なので、戦って勝つことが良いとされると思ったら大間違い。そもそも戦争は国力を疲弊させるのでしない方が良いと言うのが大前提だ。

    戦争をしない、戦わずして勝つ方法をまずは教え、それでもダメなら楽勝に勝つのが孫子...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月04日

    内容についてはいわずとしれた古典なので割愛する。
    原文、書き下し文、注釈、そして口語訳が併記され
    初読者にも、そして深く読み解きたい人にも門戸が開かれた岩波文庫の細やかな作りに感心。
    諸々解説書など出ているが、この岩波文庫版でも十分、入門は可能である。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

作者のこれもおすすめ