「今市子」おすすめ作品一覧

「今市子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:今市子(イマイチコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:4月11日
  • 出身地:日本 / 富山県
  • 職業:マンガ家

東京女子大学文理学部卒。1993年『マイ・ビューティフル・グリーンパレス』でデビュー。『百鬼夜行抄』、『笑わない人魚』、『僕のやさしいお兄さん』など多数の作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/05/22更新

ユーザーレビュー

  • いとこ同士

    昔読んだ懐かしい話

    20年前?15年前?学生時代に月刊誌か何かで読んだ作品がまとまってました。
    表題作の続きがすごく読みたい。
    最近のBLの傾向からいくと、とても上品でエロ度は低い1冊だと思うのだけれど、胸がキュンとします。
    是非、ラブシーン増やして続編書いて欲しいです。

  • 百鬼夜行抄 26巻
    律が自分の将来を少し考え始め、民俗学傾倒に行くでもなく、不思議怪奇探偵ものに移行するでもなく、この絶妙な「停滞感」を一作目から維持していると言う脅威的作品。
  • 百鬼夜行抄 26巻
    相変わらず安定の怖さ、面白さ。すこしずつ律たちやレギュラー陣が年を取って進学、就職など状況が変わっていくのがいいね。尾白と尾黒のエピソード良かった。
  • 百鬼夜行抄 26巻

    新展開⁈

    ついに26巻まで来ました!
    毎回毎回中身が濃く、色々なことを考えさせられ、ハマっていくマンガです。
    今回は最終ちょっと新展開な感じでした。次の巻も楽しみです!
  • 百鬼夜行抄 26巻
    この巻も怖くて面白かった。律は大学院に進むことになって、今しばらくモラトリアムが続きます。
    尾白尾黒も活躍?するし、青嵐も健在。護法神でなくなってしまったけれど、「跡取り息子」の表紙のように律を守っていてほしい。この「跡取り息子」、哀しくて恐ろしい話だった。妖魔より人間の方が恐ろしい。「捧げ物をしな...続きを読む

特集