飛浩隆の一覧

「飛浩隆」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/01/10更新

ユーザーレビュー

  • グラン・ヴァカンス 廃園の天使I
    なんて残酷な、なんて美しい。
    絵葉書の中の風景のような《夏の区界》の美しさと、それが崩壊する恐ろしさと。
    そして崩壊しながら段々と見えてくる《夏の区界》の正体。
    目をそむけたくなるくらいグロテスクなのに、凝視したくなるほど美しい。

    挿絵もないし映像化もされていないのに、何故だか映像が想起される小説...続きを読む
  • 自生の夢
    初読み作家さん。
    文庫本での登録になってるけど、単行本が出た時に買っていて、今の今まで積読にしていた。でもそれでよかったと思う。
    一応近未来SFにしたけれど、これも、そうなのかな、、と首を捻りたくなる。ここよりも発達した場所の話なのだけど、ここと果たして繋がりのある世界のことなのか。世界の合わせ鏡の...続きを読む
  • 自生の夢
    圧倒されました。面白かったです。
    どれも良くて…大好きディストピアの「海の指」は〈灰洋〉に浮かぶ泡洲の、歴史的建造物がごちゃっと積み上がる風景を想像するだけでわくわくしました。画像検索しよう。
    DV旦那vs妻と今の夫とふたりの同僚たちとの戦いは壮絶。そして美しくも悲しい終わりでした。
    「自生の夢」が...続きを読む
  • 自生の夢
    言葉から人格をかたち造るさまざまなSNS上に残る自分の断片を掻き集めたら、人格を再構築できるだろうか高度AIでなくても、どんな人となりなのかぐらいは推測できそうだ。

    文字がかたち造る想像の奔流に身をゆだね、異界への旅を堪能する。
    外出できないこんな時は読書を楽しもう。
  • 零號琴
    過去の文明が残した遺物がある轍宇宙の美褥という惑星で、美玉鐘という楽器が500年ぶりに再現され、演奏されることになった。この惑星では毎週末に假劇という仮面劇が催される。観客も含めて全員が仮面をつけて参加する神話劇。500年祭でも美玉鐘の演奏に合わせて演じられることになっている。その台本には、新しい要...続きを読む