「増田四郎」おすすめ作品一覧

「増田四郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/05/17更新

ユーザーレビュー

  • 大学でいかに学ぶか
    1966年に書かれた本ですから文体や取り上げられている時事ネタは古いです。
    ですが、本書で提起された問題は色あせていません。第1章の「学ぶということ」や、本書の結びとしておかれた第7章「現代学問のすすめ」は現代の大学生(あるいは大学を目指す高校生)はぜひ読んでもらいたい内容ですし、最近大人が子ども叱...続きを読む
  • 大学でいかに学ぶか
    祖父のゼミの先生であったこともあり、読んだ。祖父が他界してから10年以上経つが、尊敬する祖父を知るための助けになったかもしれない。
  • 大学でいかに学ぶか
    [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時...続きを読む
  • 大学でいかに学ぶか
    この著作は「学ぶということ」、「学問への私の歩み」、「現代が背負う二つの課題」、「私の歴史研究」、「苦楽一如」、「対話の学び」、「現代学問のすすめ」の七部から構成されている。著者の増田四朗は1908年生まれの明治期生まれであり、その学者期間中には戦争も経験している。そしてこの著作は昭和四十一年発行の...続きを読む
  • 大学でいかに学ぶか
    第1,5,6,7はタイトルにあった内容。

    その他は筆者の生い立ちや研究についてであるため、大学全般の話ではない。

    時代が異なり、筆者のいう転換期を過ぎた今日において鵜呑みすべき内容ではないが、今日の学生にも伝えるべき本質は述べられている。

    なんとなく、まわりに流されて進学するこのご時世、改めて...続きを読む