「赤根洋子」おすすめ作品一覧

「赤根洋子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:赤根洋子(アカネヨウコ)
  • 性別:女性

早稲田大学大学院修士課程修了。『寄生虫なき病』などの作品を手がける。

作品一覧

2018/01/29更新

ユーザーレビュー

  • 無人暗殺機 ドローンの誕生
    読んだ。良かった。最低の邦題でどん引きだった(スルーしてた)のだが、はらぺこ氏の書評を聞いて購入。
    こんな邦題つけるセンスの無い出版社が悪いし、5頁の解説しか書いてない佐藤優の顔写真入りの帯とかあり得ないだろ。
    UAVの急激な発達と米軍で使用されるようになった裏には映画に出てくるような強いキャラクタ...続きを読む
  • 米中海戦はもう始まっている 21世紀の太平洋戦争
    自分自身はパンダハガーでは全くないが、オバマ的な対中協調を重視する考えがあったのは事実。本書を読むとそれがいかに甘いかを実感させられるような事実が示されている。
    米海軍の太平洋部隊の歴史から始まり、1995年の台湾海峡危機と中国海軍の発展、2001年に起きた海南島事件、2013年末に南シナ海で遼寧と...続きを読む
  • 米中もし戦わば 戦争の地政学
    トランプ政権の対中政策がよくわかる良書。

    なぜ対中貿易赤字を問題視するのか、なぜ対中関税を仕掛けるのか、
    なぜ知的財産が侵されていると主張するのか、
    そういったアメリカの主張の背景が手に取るようにわかる。
  • 米中もし戦わば 戦争の地政学
    今や世界第2位のGDPを誇る中国は東シナ海および南シナ海へと海洋進出を図り、軍備を拡張し続けている。それにアメリカはどう向き合うべきなのか。中国の海洋進出により周辺諸国との緊張が高まり、何かのきっかけで地域紛争が発生した場合、アメリカは同盟国の守るために戦力を投入するのか。その時米中は戦争へと向かっ...続きを読む
  • 米中もし戦わば 戦争の地政学
    情報量とても多いです。
    この一冊で「いまアメリカ政府(トランプ大統領)がどうしてこのような外交を行っているのか」が理解できます。