ロッシェル・カップの一覧

「ロッシェル・カップ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/10/06更新

ユーザーレビュー

  • 英語の品格(インターナショナル新書)
    I would appreciate if youが丁寧にお願いする表現
    直接的すぎる表現は使わない
    wouldは丁寧な表現
    Must よりもneed
    Youを主語にすると批判的になる
    Whyよりもwhat makes /howを使う
    頼む時はポリシーという単語を使う
    Would you mind〜...続きを読む
  • 英語の品格(インターナショナル新書)
    「日本人なのに英語をペラペラしゃべるやつなんか信用されない。内容が大事なんだよ」とか「英語でもってまわった言い方をする必要はない。プレインな英語を使うべき」なんて言う人が意外とけっこういますが、そういう人を信用してはいけません。自分が「ちょっと英語ができる人」だと思っている人は読んでみるといいと思い...続きを読む
  • 英語の品格(インターナショナル新書)
    実際に使われている英語について、本当に知りたいことが書かれている本。じっくり読みたい。
    某日本人の英語ダメ本とは違う格調を感じます。
  • 英語の品格(インターナショナル新書)
    さすがネイティブが書いたもので、1500語で十分などというのは迷信、とばっさりです。語彙制限をした本で多読してるとなかなか力がつかない。簡単な単語だけで会話しようとするとネイティブからは幼稚に見られる、などとても参考になりました。学習者に媚びて本を売ろうとする方(2000語で十分、など)とは一味違い...続きを読む
  • 英語の品格(インターナショナル新書)
    読んでいて、ハッとさせられること数知れず。
    これまで、英語で会話する機会があると「通じればよい」とばかりに少ないボキャブラリーの羅列で切り抜けていたので
    聞き手にとっては失礼であり、それゆえ対等に見てもらえないというのは衝撃だし恥ずかしい気持ちになった。
    すぐに使いこなせるとはおもえないが、知識とし...続きを読む