野尻抱影の一覧

「野尻抱影」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/02/08更新

ユーザーレビュー

  • 野尻抱影 星は周る
    1977年(昭和52年)没の天文随筆家による短編50遍あまり。書かれた時代は戦前から戦後にかけて。甲府で先生をやっていた時代の思い出話から、東京郊外で暮らす家の庭から見る星の話など。

    星の話なので基本的には夜の話。ただし季節は四季すべて。当時の東京市の夜空がまだ暗かったことが想像できる。

    冬のグ...続きを読む
  • 日本の星 星の方言集
    星の和名など、考えたこともなかった。
    星に限らず、和名を知るたびに、日本語の豊かさを実感する。

    そうか、野尻抱影と稲垣足穂はそこでリンクしてくるのか。。
  • 日本の星 星の方言集
    これこそ研究、学問という名に値する書。これ自体が民俗学的成果であり、歴史であり、教育であり、そして文学であるということ。冒頭はしがきの著者の控えめな表現にその志もしかと見える。野心で学問をやっていない。
  • 新星座巡礼
    こころが平らかになる本とはこういう本のことなんだな、と思う。元々大正時代の本らしいのですが、古びない文体。星の永遠。
  • 新星座巡礼
    見つけたことのある星座の描写は心に迫るものがあって、もっともっと実物の星座を見てから読み返したいと思った。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!