「井筒俊彦」おすすめ作品一覧

「井筒俊彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/15更新

意識と本質
  • ブラウザ試し読み

イスラーム文化
  • ブラウザ試し読み

コーラン
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • イスラーム文化 その根柢にあるもの
    イスラム教を理解する入門書として最高。非常にわかりやすい。他の有名宗教との違い、コーランのメッカ期とメディナ期の特徴、スンニー派のシャリーアと共同体思想、それに反するシーア派のハキーカの概念、そしてスーフィズムの神秘主義について、丁寧に解説している。中近東の歴史や現在も起きている国・権力者・民族の紛...続きを読む
  • イスラーム文化 その根柢にあるもの
    今年から井筒先生のご著書も読まないとと思っています。まずは、入門編から。講演録ではありますが、イスラームの根底にあるものを、宗教、法と倫理、内面への道(神秘主義)の三つに分けて論じる本格的なイスラーム文化の概説です。
  • イスラーム文化 その根柢にあるもの
    イスラーム文化の根底的精神を掘り下げて解説。

    出版年は古いが、古さを感じさせない普遍性を持つ。
    現代のイスラーム情勢を考える上でも必読と言える。
  • イスラーム文化 その根柢にあるもの
    イスラムをイスラムたらしめているものを、仏教、キリスト教との比較、日本人の視点から、素人向けに説明。


    20年以上前の本ですが、古さはありません。イスラムについて、正しく知識を吸収しているという、本当によい気分になる本でした。

    これを理解してこそ、いまイスラム世界で起こっている紛争を理解すること...続きを読む
  • イスラーム文化 その根柢にあるもの
    ドゥテルテがほんとに大統領になったら、フィリピンのイスラムとの関係はどう変わるんだろうねえ、なんていう仕事での絡みは少し薄くなった今日この頃。でも不勉強はいかんと「世界的権威がやさしく語った、知っておくべきキホン」と帯にあったこの本を。とはいえ、「第一にシャリーア、宗教法に全面的に依拠するスンニー派...続きを読む