イスラーム文化 その根柢にあるもの

イスラーム文化 その根柢にあるもの

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

イスラーム文化を真にイスラーム的ならしめているものは何か。――著者はイスラームの宗教について説くことからはじめ、その実現としての法と倫理におよび、さらにそれらを支える基盤の中にいわば顕教的なものと密教的なものとの激しいせめぎ合いを認め、イスラーム文化の根元に迫ろうとする。世界的な権威による第一級の啓蒙書。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波文庫
ページ数
233ページ
電子版発売日
2017年06月15日
紙の本の発売
1991年06月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

イスラーム文化 その根柢にあるもの のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年03月17日

    イスラーム文化を根元的に、統括的に、述べようとする良書。
    イスラーム文化と一口に言っても、多層的多面的であることがよくわかる。
    イスラームの大まかな概要を掴むのと同時に、ユダヤ教やキリスト教との相違点の理解も深まる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月11日

    イスラーム教に関する基本書。勿論日本のイスラム研究の初期に位置する学者であるため、イスラム世界の多様性や現代のイスラムへのまなざし等が踏まえられていないが、それをおしても、やはり本書はイスラム教という宗教の大枠を捉えるには格好の書籍。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月24日

    いやぁ、これまた滅茶苦茶面白かった

    スンニーとシーアとスーフィズムなんて、ろくな説明聞いたことなかったけども、凄くわかった

    例えば、
    スンニー派は、コーランに描かれる世界の後半期であるメディナ期の方向性に近く、感覚的で現実主義的なアラブ社会的感覚にのっとった考えで、イスラーム法を守ることを至上と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月18日

    イスラム教圏の文化についてよくわかる。

    疑問に思っていた、
    ・ユダヤ教とキリスト教とイスラム教の関係
    ・コーランだけが聖典なのか
    ・アラブ人とイラン人の違いとは
    ・スンニ派とシーア派の違いとは
    ・それぞれの宗派の考え方とは
    を解決してくれた。

    キーワード:
    1次聖典コーラン、2次聖典ハディース:...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月06日

    スンナ派、シーア派、スーフィズムの思想的な特徴が、『コーラン』の解釈の仕方という形で、実にうまく整理されている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月17日

    井筒俊彦氏(1914~1993年)は、日本で最初の『コーラン』の原典訳を刊行した、イスラーム学者、言語学者、東洋思想研究者。アラビア語、ペルシャ語、サンスクリット語、ギリシャ語等30以上の言語を流暢に操る語学の天才と言われ、多くの著作が英文で書かれていることから、欧米での評価も高い。
    本書は、198...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月14日

    イスラム教を理解する入門書として最高。非常にわかりやすい。他の有名宗教との違い、コーランのメッカ期とメディナ期の特徴、スンニー派のシャリーアと共同体思想、それに反するシーア派のハキーカの概念、そしてスーフィズムの神秘主義について、丁寧に解説している。中近東の歴史や現在も起きている国・権力者・民族の紛...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月31日

    今年から井筒先生のご著書も読まないとと思っています。まずは、入門編から。講演録ではありますが、イスラームの根底にあるものを、宗教、法と倫理、内面への道(神秘主義)の三つに分けて論じる本格的なイスラーム文化の概説です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月22日

    イスラーム文化の根底的精神を掘り下げて解説。

    出版年は古いが、古さを感じさせない普遍性を持つ。
    現代のイスラーム情勢を考える上でも必読と言える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月16日

    イスラムをイスラムたらしめているものを、仏教、キリスト教との比較、日本人の視点から、素人向けに説明。


    20年以上前の本ですが、古さはありません。イスラムについて、正しく知識を吸収しているという、本当によい気分になる本でした。

    これを理解してこそ、いまイスラム世界で起こっている紛争を理解すること...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

岩波文庫 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング