ヴァージニア・ウルフの一覧

「ヴァージニア・ウルフ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/06/16更新

ユーザーレビュー

  • 波〔新訳版〕
    台詞がト書きのような具合で延々続き、台詞だけで物語が展開していく。劇=詩《プレイ・ポエム》の極地ここに極まれり。
  • 自分ひとりの部屋
    女性であることの意味、男性と女性が同じフィールドで戦っているという意識はいらないのではないか。
    セクハラなどと短くして軽く扱うな。
    余裕があれば女性は上手く生きていけるのか、それとも最低限の余裕にプラスする必要があるのではないか。
    性別よりもその人が何をでき、何を乗り越えてきたのか。能力主義からの脱...続きを読む
  • 自分ひとりの部屋
    面白かった。
    過去の女性たちがいかに創作の世界から、貧困と社会の圧を理由に排除されてきたかのかの話。
    自分ひとりで金を稼げないと家からは抜け出せないし、そうしないと自分の執筆や思索に集中するための邪魔されない部屋も持てないから、お金は大事なのだろう。
    成功している男性作家が基本裕福で学びに触れる機会...続きを読む
  • 自分ひとりの部屋
    「女性が小説を書くだって」
    「ナンセンス、書けるわけがない」
    という会話が普通だった時代がある。そんな時代の中でも先人を切る方々がいたおかげで、徐々に女性が創作活動にも携われることが可能になってきた。
    本書が出版されたのが1929年、著者であるヴァージニア・ウルフさんがケンブリッジ大学で行った2回の...続きを読む
  • 自分ひとりの部屋
    なんだろう、頭に全然入ってこない

    お金と自分ひとりの部屋が必要

    これは、今の日本となってはそんなもの男ももってないよ、と思う

    でも、日本語訳がよくないのか?言葉が頭に馴染まなかった

    三章の終わり、シェイクスピアの作品には、本人を見出させるような歪みがない、というようなことが書いてあったけど、...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!