「赤江瀑」おすすめ作品一覧

「赤江瀑」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/09/29更新

ユーザーレビュー

  • 八雲が殺した
    黒い水脈につらなるひとりとして数えられるこの作者、初めて読んだ。

    現代を舞台として、そしてゆめまぼろしとは距離を置いた題材でありながら、
    この妖しさ。

    皆川博子と一緒に名前が提出されるのにもうなずける。
  • 海贄考(電子復刻版)
    表題作が一等に好き。
    全話がとても身近に死があるからこそ生きる人の話。そうでなければとっくに消えていたんだろうと感じる。
    明確な見えない隔たりがある死を、丸呑みした味は様々であろうが、甘美であれと祈りたい。狂ってしまっているならば。
  • 春喪祭(電子復刻版)
    320
    相思相愛の野田涼太郎と初めて結ばれた翌日、なぜか吉村深美は野田の前から姿を消した。そして一年後、牡丹で知られる奈良の長谷寺の門前町・初瀬で、死体となって発見された。琵琶の撥で手首を切り、琵琶の裏甲には万葉集の恋歌三首が書き遺されていた。野田は深美の死因を求めて初瀬に赴くが、そこでみたのは不思...続きを読む
  • 海贄考(電子復刻版)
    そう言えば未読だったなぁ……と、ふとタイトルを思い出し、古本屋さんで購入。
    赤江さんの本は短編選集だったら多分新品で入手可能なはずだけど、
    読みたい作品が入っていたりいなかったりするので、
    またしても中古本に走ってしまうのだった。
    表題作は諸星大二郎ファンなら「妖怪ハンター」シリーズ《水の巻》で
    ...続きを読む
  • アニマルの謝肉祭
    07/5/18
    20年前の作品ですが、今読んでも全然古くない。面白かったぁ。『ソロモン・グランディー これでおしまい』