「山口揚平」おすすめ作品一覧

「山口揚平」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山口揚平(ヤマグチヨウヘイ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1975年06月03日
  • 職業:コンサルタント

早稲田大学政治経済学部卒。著書に『なぜか日本人が知らなかった新しい株の本』、『デューデリジェンスのプロが教える 企業分析力養成講座』などがある。

作品一覧

2017/12/10更新

ユーザーレビュー

  • なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?
    すごく面白くて、一気に読んだ。
    お金は大事だけど、すべてではないと思っている。
    お金自体が価値を持っていて、お金さえあればいいような風潮が好きではない。
    お金では買えないものこそ大事にしたいし、
    非貨幣消費社会で生きることにとても興味がある。
    もう一度、咀嚼しながら読んでまとめる。
  • 新しい時代のお金の教科書
    お金の過去、現在、未来について、めちゃくちゃ分かりやすい説明がなされている本。構造化がとても上手でその分かりやすさに惚れた。単なる旧概念を示すだけでなく、インターネット、ブロックチェーンというテクノロジーに触れ、「信用」が重視される中でどう振舞うべきかについても言及されてるのが良かった。すごい作品。
  • そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか
    必要なのは、勇気と知識。ビジネスモデルを「課金型、顧客、商品、支払い、資源」という五要素に分解、独立時に起きうることを丁寧に分解して、それぞれに記述してあったのが良かった。着々と進めていきたい。
  • 10年後世界が壊れても、君が生き残るために今、身につけるべきこと 答えのない不安を自信に変える賢者の方法
    これからの世の中どう変化していくのだろうか?どうやったら、生き残ることができるのだろうか?

    山口揚平氏による鋭い視点を学ぶことができます。

    20世紀と21世紀は大きな変化をしています。
    それでは、更に未来はどう変化するのでしょうか?

    未来は予測できるのか?
    できる部分はどこで、できない部分...続きを読む
  • 新しい時代のお金の教科書
    お金の歴史、仕組み、そして未来。ちくまプリマー新書ということでの読みやすい文章で、貨幣の本質から現代社会の分析、そして有り得る未来へと客観的な分析と適度な煽りも盛り込んだ良書。フィンテックだビットコインだ信用経済だのキーワードはやりで同じような言論は溢れているが、何が違うのかこの本が一番説得力あると...続きを読む

特集