1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法

1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【内容紹介】
「思考力」こそ、AIやロボットに勝てる最大の武器である――
1日数時間だけ働き、おだやかに暮らしながらも、本当に行うべきたった一つの答えを見つける方法!

情報や知識をいくら持っていても、きたるべきAI時代に生き残ることはできません。
それよりも、「短時間でパフォーマンスを上げる考え方を身につけ、動くか」がカギです。
本書では、外資系コンサルティング会社から独立し、「1日3時間しか働かない」生活を続け、パフォーマンスを上げ続けている著者が、
・考えることでどのようなメリットがあるのか
・短時間で成果を出す思考の技法とは何か
について紹介。さらには、それらの考え方をもとに、2020年以降起こるであろう未来について大胆予測。
来るべきアフターオリンピック(東京オリンピック後)に向けて今、私たちがどう動くべきかを教えてくれる指南書です。

【著者紹介】
[著]山口揚平(やまぐち・ようへい)
事業家・思想家。早稲田大学政治経済学部卒・東京大学大学院修士(社会情報学修士)。
専門は貨幣論、情報化社会論。 1990年代より大手外資系コンサルティング会社でM&Aに従事し、カネボウやダイエーなどの企業再生に携わったあと、30歳で独立・起業。劇団経営、海外ビジネス研修プログラム事業をはじめとする複数の事業、会社を運営するかたわら、執筆・講演活動を行っている。NHK「ニッポンのジレンマ」をはじめ、メディア出演多数。著書に、『知ってそうで知らなかったほんとうの株のしくみ』(PHP文庫)、『デューデリジェンスのプロが教える 企業分析力養成講座』(日本実業出版社)、『そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか』(KADOKAWA)、『なぜ ゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?』(ダイヤモンド社)、『10年後世界が壊れても、君が生き残るために今身につけるべきこと』(SBクリエイティブ)、『新しい時代のお金の教科書』(ちくまプリマー新書)などがある。
【目次抜粋】
はじめに
第1章 思考力はAIを凌ぐ武器になる
第2章 短時間で成果を出す思考の技法
第3章 2020年から先の世界を生き抜く方法を考える
おわりに

ジャンル
出版社
プレジデント社
ページ数
240ページ
電子版発売日
2019年03月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月04日

    タイトルから想像していたものとは、
    良い意味で全然違っていました。
    この本は、人によっても、その人の今置かれている環境によっても、全然受け取り方も評価も変わってくると思います。

    もし、4年前会社を辞めていなかったら、
    また感想は違ったかも。

    今の自分にとってドンピシャだったので、
    とても腹に落ち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月20日

    山口揚平 さんの著書「1日3時間だけ働いて穏やかに暮らすための思考法」
    P132
    ”病気についてほとんどの人が個体の問題だと思っているが、病気は実は、「社会病」ではないかと思う。”
    その時は読んでいて「?」だったけれど
    〈凡庸〉という悪魔 (著) 藤井聡 を読んでいて、「1日3時間だけ働いて穏やかに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月05日

    【文章】
    とても読み易い
    【ハマり】
     ★★★★★
    【共感度】
     ★★★★★
    【気付き】
     ★★★★・

    ・個は個人で規定されるのではなく、環境(周囲との繋がり)によって規定される。
    ・村社会(コミュニティ)→個人→グローバルのあとは、またコミュニティへと螺旋を描くように回帰していく。
    ・知識はお金...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月19日

    なぜこのタイトルをつけたのか、、。タイトルからは想像できないほど、内容の濃い本。
    銀行はお金の融資ではなく、個人の時間を融資する時代になるという、ライフシフト人生100年時代を読んだ時と似たような良いショックを受けた。

    21世紀は資本主義から信用主義へ。
    2020年を起点に、産業の中心は、関係づく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月16日

    タイトルそのまま信じて読むと面食らうよ。(本を売るためにつけたタイトル名でしょう)

    今後の未来を生きる為の思考法を書いてると思うが、抽象論だからかとっつきにくい。
    だけどなんか惹かれるし、的を得た主張だと思う(過去の著者の本はほとんど読んで知ってるのでそう思うのかもしれないが)。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月16日

    ポップなタイトルに似合わず中身の濃い本でした。

    タイトルにある、1日3時間だけ働いて暮らすには?の答えは、
    「考えろ!」ということです。

    ではどのように考えればいいか。
    ・考えるとは何か?
    ・考えることの目的は?
    ・考える力を鍛えるには?
    が本書を読めばわかります。

    また3章では2020年以降...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月11日

    自分・環境を整えて、真に考えるを行う。
    現状を見て過去に学び、しくみを新たにして未来を生み出す。
    産業はモノから関係へ。

    鮮やかに未来を描き、これからに向けて具体的な指針も示した一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月20日

    全3章にわたって、思考の方法とそれによってもたらされる効果、そして2020年以降の世界はどのように変化するかが書かれています。2020年以降の世界がこの本に書かれたとおりになるのかは、わかりませんが参考の一つとして思考法とともに頭に留めておくことは必要だと思いました。またじっくり読んで内容をかみ砕い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月19日

    タイトルに釣られて読むとガッカリかもしれないが、知識と思考の違い、思考の質が差を産むことがよく分かった。
    後半のアフターオリンピックからの変化についてはまだイメージしにくい。数年後にもう一度読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月19日

    あらゆる問題は実は有機的につながっていて問題の本質はもっと根本的なところにある。と考えることが重要だ。これはとても重要だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています