「堀川志野舞」おすすめ作品一覧

「堀川志野舞」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/31更新

ユーザーレビュー

  • NASA式 最強の健康法 「座りすぎ」をやめると、脳と身体が変わる

    健康維持のヒント

    宇宙から帰った飛行士と老人に共通していること。宇宙飛行士を通常生活に戻すための研究が、健康に生きるヒントを与えてくれました。死ぬまで健康(笑)を願うのは世界共通…地球とうまく生きていこうと思います。
  • わたしが降らせた雪
    イギリスの作家グレース・マクリーン、2012年発表の小説。「エホバの証人」をモデルにしていると思われるキリスト教の異端の一派の熱心な信徒の家庭に育った少女の一人称の物語り。宗教や奇跡が大きなテーマとなっていますが、宗教的な物語りというより、父子家庭の父と娘の絆の再生を描いた物語りであり、とても心に響...続きを読む
  • いつかぼくが帰る場所
    サバイバルものなのだけれど、詩的な表現で静かな印象
    たっぷり時間があって ひまをもてあますような時間に、お茶をいただきながらもう一度繙いてみるのもいいかな
    なんて思った
  • いつかぼくが帰る場所
    幻想的な雰囲気の表紙は新潮文庫の宮澤賢治のシリーズのよう。

    疫病のため世界は崩壊してしまった。わずかに生き残った者たちはそれぞれの地にアジトを作り生きているが、映画マッドマックスのような自治組織は作れていない。出会った他人はすべて襲撃者とみなし、射殺している。時には子供も。ルールが無い暴力世界では...続きを読む
  • わたしが降らせた雪
    原題は〈The Land of Decoration〉。ハルマゲドンで世界が滅んだ後にやってくるとされる〈最も美しい土地〉のこと。

    いじめに苦しむ10歳の少女ジュディスは、自分の部屋に〈最も美しい土地〉を作った。そこに雪を降らせて神様に祈ると、外の世界にも雪が降った。過酷ないじめが待ち受ける恐怖の...続きを読む