「末次由紀」おすすめ作品一覧

「末次由紀」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:末次由紀(スエツグユキ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1975年09月08日
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:マンガ家

福岡県立香住丘高等学校卒。デビュー作『太陽のロマンス』は第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞している。代表作の『ちはやふる』は、2011年にアニメ化されている。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/05/11更新

ユーザーレビュー

  • ちはやふる 33巻
    ・169 瑞沢の世代交代・継承。新に9枚差で負けて悔し泣きな肉まん。これも成長?
    ・170 菫って、ビューラー使わないですよね。唐突に、下着描写。
    ・171 新の不自然な中断は、団体戦イメージだったのね。これを理解してしまう詩暢は只者じゃないですけど。
    ・172 "かるたがともだち"なクイーン。ただ...続きを読む
  • ちはやふる 33巻
    肉まんくんの男気に泣いた。
    どちらかというと新派なのですが、太一が迷走してるのを見るのも心苦しい…迷走というかもがいているというか。
    運動じゃなくても、青春できるんだなって思えた作品。
  • ちはやふる 38巻
    名人位・クイーン位 東西挑戦者決定戦の3本勝負に臨む、千早、新、太一。西の代表の唯川桃も含めて、対戦相手そして自分自身との戦いが始まる。その1回戦から2回戦への展開は否が応でも盛り上がる。
    若宮クイーンの世間離れした絡みも楽しすぎる。
    18-87
  • ちはやふる 32巻
    ・166 千早から新へのもう1回サイン(人差し指)を誤解するクイーン。やはり、詩暢はこうでないと。
    ・168 なんで千早が負けたのかの理屈を描いて欲しかったのでした。クイーンの囲い手破りは、もう1コマ増やすとわかりやすのに、スピード感は失うというジレンマ。
    ・おまけ4コマ
    投手板から足を外さないで牽...続きを読む
  • ちはやふる 38巻
    なんだかそろそろフィニッシュへのフラグが立っているような気がして、読み進めていて少しずつさみしい気分になった。

    一方で、千早と結川さん、太一と新、どっちの戦いも気になるし・・・。

    腹黒さが増した太一ががまた・・・いいね。ふふ。

特集