「王欣太」おすすめ作品一覧

「王欣太」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:王欣太(キングゴンタ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1962年03月09日
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:マンガ家

1990年『HEAVEN』でデビュー。『地獄の家』、『蒼天航路』、『ReMember』、『達人伝-9万里を風に乗り-』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/10/19更新

ユーザーレビュー

  • 達人伝 ~9万里を風に乗り~ 21 【電子書籍限定特典ネーム付き】
    白起にはじまり白起に終わる。
    そんな圧巻な一冊でした。

    「すべてをひとつの理に染めあげて無駄なものが一切ない
    そんな人生は美しいがあまりにも哀しいぞ」
    by司馬錯

    分かっちゃいるけど、望む望まないではなく、そんな選択を自然としてしまう、強くも脆い人もいる。

    日本中世でいうと義経?
    三国時代でい...続きを読む
  • 蒼天航路 36巻
    関羽の死から始まり、曹操の逝去で終わる。
    死んだのちに、関羽は敬われる存在、劉備は語り継がれる存在、そして曹操は時代を変えた存在になった。
    いやー、マンガだけど人生の中でもこれだけ感動する本はなかったなぁ。
    自分も死ぬときに「ならばよし!」と言って終わりたい。
  • 蒼天航路 28巻
    天下や天意という言葉が「たぶんいらなくなったんだろうな」という曹操のセリフが、覇道の終焉が近いことを表している。一言で偉業を表す良い言葉です。

    荀彧が歳を取っても良い感じ。
    大好きなキャラクターです。
  • 蒼天航路 34巻
    漢中王になった劉備。
    実力があるとは思えないが、朝廷発祥の地で王を名乗ることの威力の凄まじさ。乱世は新しい秩序と古い伝統の両方を求めるのかもしれない。
    しかし関羽の久しぶりの登場には心踊った。
  • 蒼天航路 31巻
    前半は張遼の超人的活躍がカッコいい。
    天下は未だに三分されているが、時代の主役達が次々にいなくなり、跡を継ぐ者達が台頭する。
    昔から変わっていないことだけど、何か胸に感じるものがある。

特集