このエントリーをはてなブックマークに追加

『シドニアの騎士』弐瓶先生インタビュー

「漫画家が命を込めた一コマ」にフォーカスした独占インタビュー企画「わが生涯に一片のコマあり」!第3回はアニメも話題沸騰の『シドニアの騎士』弐瓶勉先生!
[インタビュー公開日:2014/06/13]

今回のゲスト弐瓶勉 先生

弐瓶勉 先生

福島県出身。1995年に講談社のアフタヌーン四季賞で『BLAME!』が審査員特別賞を受賞。バンド・デシネを思わせる日本人離れした作風で描くハードSFを得意とする。代表作に『BLAME!』『BIOMEGA』などがある。
最新作『シドニアの騎士』はTVアニメ化され、現在MBS、TBSほか“アニメイズム”枠で放送中。20代を中心に高い評価を得ている。

今回の「一コマ」作品『シドニアの騎士』

『シドニアの騎士』

月刊『アフタヌーン』(講談社)で2009年より連載中のハードSF。
奇居子(ガウナ)と呼ばれる謎の生命体によって、太陽系が滅亡して1000年が経過した宇宙。地球を脱出した少数の人類は播種船と呼ばれる巨大な宇宙船シドニアで移住できる惑星を探していた。シドニアを防衛する人型兵器の操縦者・谷風長道は、仲間とともに奇居子(ガウナ)を撃退するため、名機「継衛」を駆る。

インタビュアー:田中圭一(たなかけいいち) 1962年5月4日生まれ。大阪府出身。血液型A型。
手塚治虫タッチのパロディー漫画『神罰』がヒット。著名作家の絵柄をまねたシモネタギャグを得意とする。また、デビュー当時からサラリーマンを兼業する「二足のわらじマンガ家」としても有名。現在は株式会社BookLiveに勤務。

田中圭一の作品一覧へ

インタビューインデックス

弐瓶勉の人気作品!

BookLive! 特別インタビュー