「宮沢賢治」おすすめ作品一覧

【宮沢賢治】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/19更新

無料
銀河鉄道の夜
0円(税込)
無料
〔雨ニモマケズ〕
無料
注文の多い料理店
無料
猫の事務所
0円(税込)
無料
土神と狐
0円(税込)
無料
狼森と笊森、盗森
無料
貝の火
0円(税込)
無料
かしはばやしの夜
無料
風の又三郎
0円(税込)
無料
学者アラムハラドの見た着物
無料
鹿踊りのはじまり
無料
「春と修羅」
0円(税込)
無料
ありときのこ
0円(税込)
無料
イーハトーボ農学校の春
無料
女
0円(税込)
無料
烏の北斗七星
0円(税込)
無料
疾中
0円(税込)
無料
谷
0円(税込)
無料
ツェねずみ
0円(税込)
無料
電車
0円(税込)
無料
毒蛾
0円(税込)
無料
毒もみのすきな署長さん
無料
どんぐりと山猫
0円(税込)
無料
猫
0円(税込)
無料
革トランク
0円(税込)
無料
車
0円(税込)
無料
グスコーブドリの伝記
無料
さいかち淵
0円(税込)

ユーザーレビュー

  • 新編 銀河鉄道の夜

    ときに哀しい、ときにユーモラスな童話集。印象に残ったのは、銀河鉄道の夜の以下の一節。「なにがしあわせかわからないです。ほんとうにどうんなつらいことでもそれがただしいみちを進む中でのできごとなら峠の上り下りもみんなほんとうの幸福に近づく一あしずつですから。」

    Posted by ブクログ

  • 永遠の詩

    普通に過ごしているうちは目に入ってこないものたちに向ける、優しい眼差し。
    金子みすゞの詩は、そんな慈しみに溢れています。

    日常の風景を美しく切り取る作家の言葉も好きだけど、こんな風に見えなかったもの達の素朴な美しさや佇まいをたった数行で示してくれる詩人の言葉にも、いつの間にか胸を突かれる歳になった...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 新編 銀河鉄道の夜

    「銀河鉄道の夜」は子供の頃に母が買ってくれて読んだが、どんな話だったかはすっかり忘れていた。大人になって改めて読んでみたら、何とも悲しくて切ないお話でした。

    Posted by ブクログ