宇田川元一の作品一覧

「宇田川元一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

ユーザーレビュー

  • 他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論
    以前職場の先輩から勧めていただいて、お借りした本。あまりに納得感があって、ついに自分用に購入しました。そして再読。うん、買ってよかった!

    日常でも、仕事でも、人との「分かり合えなさ」って誰でも感じると思う。相手が言ってることは正しいんだろうけど「なんか違うんだよな〜〜」って感覚とか、違和感とか。
    ...続きを読む
  • 他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論
    タイトルからかなり前から気になっていた本で、思い切って購入して読んだら期待以上の本だった。
    内容はとてもわかりやすい表現で書かれていて読みやすいし、内容も理解しやすい。「対話」の重要性を日々感じているが、そこでの新しい考え方や大事なポイントが心に響いた。なるほどと思えたり、反省する部分が多すぎて、そ...続きを読む
  • 他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論
    ナラティブ・アプローチによる対話から、相手のナラティブを理解し、自分のナラティブとの間にある溝に橋を渡していくことで他者と協調していくという趣旨。意見が対立した時に、相手にとっての合理性に思いを馳せることが大事。理論的な裏付けがありつつ、筆者の優しい語り口に惹きつけられる。
  • 他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論
    ナラティブアプローチについて学ぶことが出来る
    良書!イノベーション推進時に既存部署との衝突を思い出し、あの時このアプローチが出来ていたら...と思える本
  • 他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論
    既存の方法で解決できる問題を技術的問題。
    既存の方法で解決できない問題を適応課題と呼ぶ。
    適応課題を解決するためには本書では対話を用いる。こと対話は新しい関係性を構築することをいう。
    お互いに分かり合えていないことを認めることが対話には必要。

    一旦相手がなぜそのように主張するか考えてみる。

    相手...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!