松村圭一郎の一覧

「松村圭一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/09/13更新

ユーザーレビュー

  • 文化人類学の思考法
    文化人類学を学んでいる学部生だけではなく、広く人類学に触れてみたい一般の読者も読みやすい仕上がりになっている。
  • 文化人類学の思考法
    文化人類学がどういう学問かについて、扱う範囲を横断的に取り上げた入門書。学生向けのようですが、一般の読者にも大いに参考になると思います。
    30年近く前、大学生の頃に少し文化人類学を学んだのですが、当時とは比べものにならないほど文化人類学側の意識が変わっていて、決して解釈を押し付けない、人々にどこまで...続きを読む
  • 文化人類学の思考法
    人類学をするというのは、人類における「日常」の在り方の可能態を、見つめるということなのだと思う。




    自分のなかにあることばをいったん疑い、別の理解、あらたなことばの可能性を探る。文化人類学という学問には、このフィールドワークという身体的経験が欠かせない。

    近代科学の根底には、人々が経験的に...続きを読む
  • 文化人類学の思考法
    文化人類学というものに初めて触れました。エンジニアという職種で仕事していることもあって、普段から構造化やパターン化をして物事を単純にする思考が習慣になっています。そのような生活をしていると、ある種の人間社会にもその構造化やパターン化がうまく当てはまるような錯覚をしてしまっていると自覚しています。その...続きを読む
  • 文化人類学の思考法
    全てのテーマを理解できた訳ではない(特に前半のテーマが難しかった)が、貨幣の話は面白かった。貨幣そのものに信用を置く現代の紙幣と、人に信用を置く石貨、どちらが進んでいるということはないのだなと。
    仮想通貨が、ブロックチェーンという人の信用を担保にした仕組みを取り入れてることも興味深い。
    呪術や人工知...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!