【感想・ネタバレ】文化人類学の思考法のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年09月03日

文化人類学を学んでいる学部生だけではなく、広く人類学に触れてみたい一般の読者も読みやすい仕上がりになっている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月23日

文化人類学がどういう学問かについて、扱う範囲を横断的に取り上げた入門書。学生向けのようですが、一般の読者にも大いに参考になると思います。
30年近く前、大学生の頃に少し文化人類学を学んだのですが、当時とは比べものにならないほど文化人類学側の意識が変わっていて、決して解釈を押し付けない、人々にどこまで...続きを読むも寄り添おうとする態度が印象的でした。

たとえば、呪術の章でシャーマニズムが取り上げられていましたが、大学時代にはこれが社会の安全弁として機能する側面もあると学びました。シャーマンとして託宣をする者が貧困層の出身で、託宣を聴きに来る者が富裕層である場合などは特に。
しかしこの本では、そうした解釈を価値観の押し付けだと切り捨てていて、30年近くも知識をアップデートしないままだった自分を恥じると同時に、文化人類学は約30年間、批判的に顧みてアップデートすることを続けてきたんだなと思いました。
煮詰まったとき、余裕がなくなったとき、選択肢は他にもあると思い起こすために、この本をずっとそばに置いておきたいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月02日

人類学をするというのは、人類における「日常」の在り方の可能態を、見つめるということなのだと思う。




自分のなかにあることばをいったん疑い、別の理解、あらたなことばの可能性を探る。文化人類学という学問には、このフィールドワークという身体的経験が欠かせない。

近代科学の根底には、人々が経験的に...続きを読む感覚する匂いや味といった対象の特徴ではなく、形態や運動といった数学的にとらえられる対象の特徴を重視し、それによって世界の在り方が適切にとらえられるという発想がある。

★宗教、法、道徳、経済、芸術。これらの領域が混然一体となって駆動しているので、そこで用いられるモノを説明するにあたっては、その芸術的価値のみを取り出すわけにはいかない。
→イグナチオはここらあたりの議論かなと思う。

同様の歴史をもたないあ諸地域のモノを、芸術という限定的な領域に閉じこめて理解することの不適当さ。

芸術の人類学が、いまだ美という神話にとらわれていることを指摘し、美という領域を想定せずに芸術を理解する方法の必要を説いた。

ジェルが拒否するのは、芸術作品は、美や象徴を運ぶ、それ自体は何者でもないような箱であり、読み解かれるべきは中身だといった、従来の二元論的見方。そうではなくて、箱と中身はそもそも分けられず、作品とは何かのイコンでもなく、象徴でもなく、指標なのだ

指標としての作品は、観るものにたいして、みずからがこの世界に現れるにあたった過程(因果関係)を推論するよう促す行為体である。この過程とは、作家、販売者、モデル、所有者、加工者など、さまざまなアクターの社会的行為に満ちており、行為の痕跡は、作品のなまなましい物質性に現れてしている。

卓越した作品は、観るものを罠にはめるがごとく、うまくまきこみ、推論へと没頭させる。そして、観る者が作品の出現過程を自分では思い描けないとき、「いったいどうやってこんなものが出現するにいたったのか」という動揺にも似た圧倒的な感覚が引き起こされる。


芸術作品は、何が何と関係しあったかというネクサスをつくりだし、引き続くよう行為を方向付けるが、このネクサスの発生こそが、芸術作品の働きによる社会的効果である。

芸術作品とは美の表現ではなく、人間の社会的行為を媒介し、方向付ける形態である。その特殊性は、世界に変化を引き起こそうとするあらゆる参与者の意図や、芸術作品の生産・分配をつうじてそれを達成するプロセス、そしてその社会的効果にある

人間の生の諸条件と、可能性についての寛大でオープンエンドな比較による、批判的探究=人類学

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月01日

文化人類学というものに初めて触れました。エンジニアという職種で仕事していることもあって、普段から構造化やパターン化をして物事を単純にする思考が習慣になっています。そのような生活をしていると、ある種の人間社会にもその構造化やパターン化がうまく当てはまるような錯覚をしてしまっていると自覚しています。その...続きを読む人間社会に引いた、もしくはすでに引かれた境界線の脆さに対しての向き合い方や考え方に色々なきっかけをもらえた内容でした。

また、多くの論文を引用する文章構成は普段そのような文章に多く触れる身としてはすごく読みやすかったです。

文化人類学を学ぶことで、チームビルディングや会社の文化形成にも応用できると感じたので他の書籍も当たってみようと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月08日

フィールドワークや観察といったキーワードで本書にたどり着いた。序論にもあるように伝統的な文化人類学の書物とは違った切り口で、大変興味深い。巻末の参考文献やブックガイドも、ちゃんと読んでもらおうとする意志が感じられる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月08日

文化人類学を学んでいたものとしては、懐かしいと思う論点が多かった。
また、導入部分を意図的に身近なものから始めることで、文化人類学に関わりのなかった人にとってもとっつきやすいのではないかと思います。

このレビューは参考になりましたか?