小野正嗣の一覧

「小野正嗣」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小野正嗣(オノマサツグ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 大分県
  • 職業:作家、翻訳家

2002年『にぎやかな湾に背負われた船』にて三島由紀夫賞受賞。 2015年、4回目の候補作となる『九年前の祈り』で第152回芥川賞を受賞。 翻訳家としても活躍している。

配信予定・最新刊

文藝春秋2022年10月号
NEW
950円(税込)

作品一覧

2022/09/09更新

ユーザーレビュー

  • 歓待する文学

    世界文学への軽妙な案内

    普段読まない世界文学の案内書として購入しました。NHKラジオでの講座を書籍化したものなので、語り口も柔らかく、とても読みやすい一冊です。世界文学と言っても欧米ばかりでなく、アジア系の現代文学も取り上げています。
  • 歓待する文学
    よかった。読んだ物もそうでない物もあるが、どちらもフムフム、なるほどーと楽しめた。どの作品もとても丁寧に開かれていく。

    『ヌヌ』はちょっと意外な選書だなと思ったけれど、この小説の怖さも充分なほど伝わってくるし、”歓待”の視点でなぜこれが取り上げられたかも、なるほどーと思う。
  • 九年前の祈り
    文体は美しく、情景が湧き上がる。
    短編4つの話の重なり方がとても良い。
    読後に子供の頃の記憶を辿ったような感覚になる。
  • 九年前の祈り
    九州の片田舎、離島、カナダ、結婚、離婚というさまざまなキーワードが絡み合いながら、今と9年前の記憶が交錯する。何度読んでもその都度楽しめる。でもちょっと複雑で、読めば読むほど面白くなる作品だと感じた。再読することになりそうだ。
  • ファミリー・ライフ
    20180304朝日新聞掲載


    おかしなやつにならないと周りの人は気にも留めてくれない
    、グサッときた。

    最後の一文がどう続いていくのか

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!