「佐藤亜紀」おすすめ作品一覧

「佐藤亜紀」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/03/02更新

ユーザーレビュー

  • スウィングしなけりゃ意味がない
     ジャズなんてまったく分かりません!な自分が、iTunesでジャズの曲をポチポチ買うようになってしまいました。もちろんこの小説の空気をより感じたいがためなんですが、「The World is Wating for the Sunrise」を聞くと、同タイトルの章の、工場でこの曲がかかるシーンや緊張か...続きを読む
  • スウィングしなけりゃ意味がない
    イヤー,面白かったなあ.
    第2次大戦中にハンブルグでジャズにハマり無軌道(というのは言いすぎか?)に暮らす少年達,,,,という前半を経て,後半は連合軍の反撃も始まって敗戦が迫り,だんだん悲惨な状況に.しかしその「悲惨」は,戦時下に生きる少年達(絶対に戦場には行きたくない!)の逞しさを描くことによって...続きを読む
  • スウィングしなけりゃ意味がない
    ジャズをまったく知らず、読後呆然としたまま「世界は日の出を待っている」を検索してはじめて聞いた。それでようやくどばっと泣いた。
  • スウィングしなけりゃ意味がない
    【スウィング・ユーゲント達の青春】
    まあもちろん傑作。

    ナチス政権下のドイツ、ハンブルクで社会をコケにしてナチスをコケにして、生きることもどこかコケにしつつジャズに熱狂していた通称「スウィング・ユーゲント」(自称はスウィング・ボーイズでクラブでは思い切り英語を使っていた「嫌な奴ら」だったらしい)達...続きを読む
  • スウィングしなけりゃ意味がない
    ドイツってお堅そうだしナチス統治下の時代はゲッベルスが宣伝相としてプロパガンダ活動をしていたから敵性国の音楽であるジャズが流れてたとはまさか思いませんでした。

    ハンブルク富裕層の子息たちが戦時下にジャズに明け暮れながらナチスなんかクソ食らえとたくましく生きて行くお話。
    戦時下に生きる少年たちのお話...続きを読む