紅木春の一覧

「紅木春」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/04/24更新

ユーザーレビュー

  • 浅草和裁工房 花色衣 ~着物の問題承ります~
     新米編集者の陽菜子はファッション雑誌から着物雑誌へ異動となった。しかし、陽菜子は訳あってアンチ着物だった。右も左も解らぬままインタビューをする事になったが、その相手である和裁士の八月一日(ほずみ)桐彦にねこちゃんと揶揄われ…

     気の強い陽菜子だけど、仕事には手を抜かない努力家で好感が持てました。...続きを読む
  • ひとり飲みの女神様
    ひとり飲みには様々な形がある。
    居酒屋、バー、家飲みなど。お酒は料理に合わせて頂く。

    とにかくお酒を飲みたくなる。すぐさま居酒屋に行きたくなる。

    私はビールは飲まないけど、ビールが飲みたくなる。

    ため息が出てしまうような、料理とお酒の組み合わせ。
    そんな瞬間を味わってみたい。

    お酒を飲み、料...続きを読む
  • 花あかりともして
    児童書で戦争もので、わりと明るそうなお話だなと思って読んだ本。お花を育ててはいけないという決まりがあったことを初めて知りました。
    作中の「花は誰に見られるわけでもないのに咲く。隣で別の花が咲いているのに、それを羨ましがることもなく、自分の花を咲かせてえらいね」という台詞が心に残りました。
    お花は食べ...続きを読む
  • 腹ペコ神さまがつまみ食い ~深夜二時のミニオムライス~
    ぶつぶつ文句を言いながらも、神様たちにちゃんと夜食を用意している麻美。お人好しだからだけでなく、麻美自身も楽しそうなのが嬉しくなる。麻美のお夜食はどれも美味しそうだし。一星を笑顔にするために、フクタと頑張っているのも、有馬への気持ちをもてあます感じも、見ていて応援したくなった。今後、有馬との関係がど...続きを読む
  • ここは書物平坂 黄泉の花咲く本屋さん
    あの世とこの世の間にある不思議な本屋。最初は怖いところなのか?と思ったけれど、居心地良さそうにしている奈美を見て、そんなことはなさそう。と思い直した。本との出会いで、気持ちを新たに動き出す人たちをもっと見たくなった。奈美とツヅリと店長さんの日常も、ホッとできて楽しかった。どんどん「家族」になっていく...続きを読む