加藤元の一覧

「加藤元」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/10/02更新

ユーザーレビュー

  • 本日はどうされました?
    いやミス。
    愚痴や陰口が陰険すぎてウンザリする位悪意に満ちてて、怖すぎる。
    語り手が毎章ごと変わって、登場人物覚えれるのかなと思ったけど、意外とすんなり入ってきた。
    丁寧な文章と分かりやすい構成のおかげ。
    とても読みやすくて、面白かった。
  • ごめん。
    *あなたは“その言葉"を一日に何度、口にしますか? 様々なシーンのごめんで登場人物たちが少しずつ繋がってゆく、心温まる連作短編集*

    やられました。
    普段何気なく、時には空気のように使っている「ごめん」。こんなにも奥深く、切なく、滑稽で、愛おしいものだったとは!
    ただ、あまりにも面白くて一気に読んで...続きを読む
  • うなぎ女子
    鰻を愛して止まないもので、タイトルに惹かれて手に取りました。
    タイトルの印象とストーリーに、ギャップが有り過ぎる。良い意味でだけれど。

    ある鰻屋さんを舞台にした一人の男に関わる女たちの話。

    信じきれなくなった女の話が切ない。
    そして、小道具としての鰻の使い方が良い。
    あの鰻はこの鰻。
    あの人にと...続きを読む
  • ごめん。
    もう、共感の嵐。謝罪をテーマに、とある社内の人間模様を描く連作短編集。全11話、どの話もこれは私のこと!?私の家族のこと!?そうそう、こういう無神経な奴いるいる~と、身に覚えが多すぎる。読書中は、うんうんと終始赤べこのように頷きまくり。昔は「ごめんで済んだら警察いらん」とよく親に怒られていたが、心か...続きを読む
  • ごめん。
    いろんなごめん。がありました
    素直に納得しながら読めた本です
    昭和な電話機の表紙に惹かれ、カバーの言葉、1日に何度言葉にしますか?立ち止まって考えても見ました