本日はどうされました?

本日はどうされました?

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

E病院で入院患者の連続不審死が発生。噂を聞きつけた週刊誌のフリー記者は、独自に調査を始める。同僚への聞き込みの結果、疑いは一人の女性看護師に。コミュニケーションが苦手で不器用。院内では問題児だった彼女。だが、証言者たちの供述に記者は違和感を覚える……。誰もが表と裏の顔を持っている。何が真実で何が嘘なのか。集団社会に潜む人間の悪意を描く長編ミステリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2020年10月02日
紙の本の発売
2020年08月
サイズ(目安)
1MB

本日はどうされました? のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月06日

    加藤元。ファンの間では通称:カトゲン。
    恥ずかしながら今回の作品で初めて知りました。

    目次にずらりと並ぶ人物名。
    私はミステリーなんかを読むときにはメモ帳と人物名を羅列せずには読み進められない性質なのですが、この作品はメモなどなくともするすると読み進めることができました。

    トリックや謎解きは一切...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月05日

    いやミス。
    愚痴や陰口が陰険すぎてウンザリする位悪意に満ちてて、怖すぎる。
    語り手が毎章ごと変わって、登場人物覚えれるのかなと思ったけど、意外とすんなり入ってきた。
    丁寧な文章と分かりやすい構成のおかげ。
    とても読みやすくて、面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月09日

    加藤元さんの本を初めて読んだ。実際にあった大口病院の事件をモチーフとしているので、ぐいぐい引き込まれて一気に読み終えた。
    目次に個人名がずらりと並び、井上夢人の『プラスティック』と似た印象で読み始めたけど、構成は全然関係無し。
    「まなちゃん」のミスリードは途中で気付けたので、結末への大きな驚き(そう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月22日

    恩田陸さんのQ&Aみたいな進み方


    バイアスかけてたものが
    段々覆されていく系
    途中で真相は分かるんだけど
    それでも自分の結論が本当に正しいのか
    確かめたいから最後まで飽きずに読めた

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月18日

    複数の人物のインタビュー形式で進んでいくタイプ。イメージだけど、湊かなえさんよりも丁寧な文章で、イヤミス具合は真梨幸子さんみたいな感じ。とても読みやすく、最後までイッキ読みしました。
    女性特有の、表面的な付き合いだけで裏で何言われてるかわからないとことか、そういうドロっとした暗い話、たまに読みたくな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月08日

    インタビューを繰り返しながら真相に迫る。どの会話もいろんな種類の違和感というか引っかかるところがあり、やっぱり主観なんてそれぞれで、そして大きな展開もあり。真相に気付けるヒントも親切に配置されてるし読みやすく面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月29日

    カトゲン作品を読むのは3作目だけど、読むたびに違う印象を与えてくれる作家さん。今回は、まるで湊かなえ作品を読んでいるかのようなイヤミスの様相。
    ある病院で起こった入院患者の連続死。これがある看護師の仕業だという噂が囁かれる。噂はほんとうなのか?悪魔のような看護師の正体を探るべく、関係者にインタビュー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月18日

    独白形式のミステリー。ドキュメンタリーを読んでいるような感覚になり、一気読み。

    愚痴や陰湿な行為の描写に嫌気が差す部分もあったが、現実世界でも一歩間違えればこんな風になるのかなあと思ってみたり…。

    途中からなんとなく違和感はあったものの、最後までミスリードされてしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月28日

    E病院で入院患者の連続不審死が発生。噂を聞き付けた週刊誌のフリー記者は独自に取材を始め、一人の女性看護師を疑うが…。集団社会に潜む人間の悪意を描く長編ミステリー。
    加藤元さん初のミステリー作品。人間社会は善意と悪意で成り立っていると言っても過言ではない。だから事件が起き、ストレスを抱え、それでも生き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年04月09日

    噂や偏見で人を決めつけることはしてはならない、これは誰もが認識していることだが社会における人間関係には気を付けていても噂や偏見が邪魔をしあの人はあまり良くない人だ、と思ってしまったり況してや面識のない人物の事を、人から聞いた情報だけでイメージを作り上げてしまうなどといったこともある。
    これが度が過ぎ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング