「津野海太郎」おすすめ作品一覧

「津野海太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/03/16更新

無料あり
小さなメディアの必要
  • ブラウザ試し読み

読書と日本人
  • ブラウザ試し読み

無料あり
本はどのように消えてゆくのか
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 読書と日本人
    編集者、評論家出身、和光大学名誉教授の津野梅太郎(1938-)による、日本の読書史。

    【構成】
    Ⅰ 日本人の読書小史
    1 はじまりの読書
    2 乱世日本のルネサンス
    3 印刷革命と寺子屋
    4 新しい時代へ

    Ⅱ 読書の黄金時代
    5 二十世紀読書のはじまり
    6 われらの読書法
    7 焼け跡からの再出発
    ...続きを読む
  • 花森安治伝―日本の暮しをかえた男―
    「暮しの手帖」は常にそばにあった。小学生のころ、私は意味がよく分からないのに、母が購読していた雑誌を読んでいた。商品テスト、懐かしい。
  • 読書と日本人
    読書とは、どういうスタイルで読むものか。

    紙の普及や、家の作り、文化の移り変わりによって読書が意味する姿勢もまた変化する。
    そういったことを意識してこなかったので、『更級日記』から始まる本書になるほど、と頷かされた。

    これって、海外ではどうなんだろう?
  • 読書と日本人
    最初の方はとってつけたもので借り物のような議論であったが、昭和になってきて俄然著者の主張が生きてきた。
  • 花森安治伝―日本の暮しをかえた男―
     トト姉ちゃんにそろそろ唐沢寿明が登場すると聞いたことで、読んでみた。
     生活の手帖で、大森鎭子と一緒に仕事をした人物が過去の戦争時において行った政治活動に対してとても反省していたことが書かれている。反省した結果、戦後の生活に関わる仕事に就くあたりは、好感が持てる。広告を載せないといった主張も近年の...続きを読む