津野海太郎の一覧

「津野海太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

無料
小さなメディアの必要
無料
本はどのように消えてゆくのか

作品一覧

2019/05/03更新

最後の読書
  • ブラウザ試し読み

無料あり
小さなメディアの必要
  • ブラウザ試し読み

読書と日本人
  • ブラウザ試し読み

無料あり
本はどのように消えてゆくのか
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 読書と日本人
    「読書」という文化が日本においてどのように育ってきたのかがよくわかる。

    文字は昔から中国でも貴族階級の特権であったが、日本もそのご多分に漏れず、読書はほとんど江戸時代までは貴族や武士のみで全てであった。

    一般大衆においては識字率字体は低く、働いて生きることで精一杯だったのだ。読書というのは、やは...続きを読む
  • 最後の読書
    老人になってしみじみわかる。これぞ本当の読書の醍醐味! ついに齢八十。目は弱り、記憶力はおとろえ、本の読み方・読みたい本も違ってきた。硬い本はもう読めないよ、とぼやきつつ先人たちのことばに好奇心をかきたてられる。鶴見俊輔、幸田文、山田稔、天皇と皇后、メイ・サートン、紀田順一郎、吉野源三郎、伊藤比呂美...続きを読む
  • 読書と日本人
    本来読み書きというのは、男性のみが行うことだった。
    「男もすなる日記を、女もしてみん」と書いたのは男である紀貫之だったけど、それでひらがなが広まったというよりも、「女が書くところのひらがなを、男も書いてみん」というところなのではないかと私は思っている。
    丸文字とかギャル文字など、若い女性は大昔もきっ...続きを読む
  • 読書と日本人
    ●→本文引用

    ●「じぶんの本棚に好きな本がならんでるのを見ていると、なんとなく安心するんです」「本って記憶ですよね。夕方、どこかの町の喫茶店の窓際の席であの本を読んだなとか、本にはそれを読んだときの記憶がくっついてるでしょ」なのにインターネット経由、ケータイやスマートフォンで読む本(つまり電子本)...続きを読む
  • 読書と日本人
    編集者、評論家出身、和光大学名誉教授の津野梅太郎(1938-)による、日本の読書史。

    【構成】
    Ⅰ 日本人の読書小史
    1 はじまりの読書
    2 乱世日本のルネサンス
    3 印刷革命と寺子屋
    4 新しい時代へ

    Ⅱ 読書の黄金時代
    5 二十世紀読書のはじまり
    6 われらの読書法
    7 焼け跡からの再出発
    ...続きを読む